北海道新幹線の札幌駅ホーム、東側設置で正式決定へ 関係5者が合意

北海道新幹線の札幌駅ホームが、在来線ホームの東側に設けられることが決まりました。

認可見直し案との差額はJR北海道が負担

 JR北海道と北海道、札幌市、鉄道・運輸機構、国土交通省の5者は2018年3月29日(木)、札幌駅の北海道新幹線ホームの位置について、現在の在来線ホームがある場所の東側に設置する「東案(その2)」を採用することで正式に合意しました。

Large 180329 hssapporost 01
札幌駅周辺図と「認可見直し案」「東案(その2)」によるホーム位置案(画像:JR北海道)。

 北海道新幹線は2016年3月、新青森~新函館北斗間が開業。新函館北斗~札幌間が2030年度末の開業を目指して工事中です。

 2012(平成24)年に新函館北斗~札幌間の工事が始まったときは、札幌駅の新幹線ホームは在来線の1・2番線ホームを転用することが考えられていました。その後、JR北海道は在来線の運行に影響が出るとして、別の場所に新幹線ホームを設置することを考えるようになり、駅の西側や東側、地下に設ける案などが複数検討されるようになりました。

 2016年からは、北海道と札幌市、鉄道・運輸機構、JR北海道の4者で協議が行われ、2018年2月からは国土交通省を交えた5者で協議が行われました。

 その結果、「地元(北海道、札幌市、JR北海道)は、地元経済団体等の意見も踏まえ、利用者の利便性や将来の拡張性、地域活性化等の観点から総合的に判断」したとして、「東案(その2)」の採用を決定。在来線ホームの東側に、ふたつのホームと4本の線路が設けられることになりました。これに伴い、新幹線の建設を行っている鉄道・運輸機構は施設の基本設計を終了後、工事実施計画の変更に関する手続きをすみやかに行うことになりました。

 事業費は、在来線ホームに隣接してひとつのホームと2本の線路を設ける「認可見直し案」が約570億円でしたが、「東案(その2)」は約645億円になります。差額の約75億円はJR北海道が負担する意向とのことです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180329 hssapporost 02
  • Thumbnail 180329 hssapporost 01

関連記事

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. へえ、予算15パーセント増やすだけで乗り場の数は倍増できるのか。いい話じゃん。

  2. 体脂肪を 除きたい

  3. 2つのホームだけど、線路は2本だよ
    相対式ホーム2面2線

  4. JR北海道は、「在来線ホームを転用すれば在来線の列車を約100本間引く必要が出る」「空港アクセスの快速エアーポートを増発できない」「ホーム幅が狭い」と在来線ホーム転用案ではだめだと脅した。
    しかし、全国の新幹線建設を担っている鉄道・運輸機構はそれらの嘘を暴いて見せた。
    焦ったJR北海道は「新幹線開業で観光客がさらに増える中、ホームが2つ造れて、コンコースも広くとれる大東案がよい」と言って北海道・札幌市を言いくるめることに成功した。
    鉄道運輸機構は「在来線ホーム転用案でもコンコースを(商業施設を潰せば)広くとれ、乗り換えも便利だ」と言っていたが、JR北海道に同調する北海道知事と札幌市長の姿を見て「地元の決定を尊重する」と言って在来線ホーム転用案をあきらめた。
    JR北海道は、在来線ホーム転用案を潰すために、西側案・東側案・0番線案・地下案を次々出して大東案に誘導してきたのであろう。
    JR北海道は、国鉄時代に用意してあった函館本線に並行する新幹線建設用地をマンション建設会社に売却、マンション申し込みを始めた段階で鉄道・運輸機構から指摘されたことがある。結局、新幹線ルート真横にマンションや商業施設を建設している所があるため地下ルートに変更。
    そして、JR北海道が札幌駅新幹線ホーム建設用地にJRタワーを建設したために、今回の騒動となったのである。

    地下ルートへの変更、札幌駅ホームの変更、全ての責任はJR北海道にある。

  5. 差額の約75億円をJR北海道が持ってるとは思えない。たとえ廃線をしたとしてもその保証金を払うので精一杯だと思うのですが。
    鉄道機構の幹部が北海道新聞の取材で「JRが(現駅案との工費の)差額を負担するのであれば、おのずと結論は見えている」と述べている。
    新幹線札幌延伸開業時にJR北海道という会社は残っているのか?という方が問題視かと。
    このまま何もしないと2年でつぶれるらしいから。

  6. 北海道新幹線なのにこちらが後回しなんだ

  7. 早く、札幌駅まで延伸した方が良い。
    じゃないと函館本線の廃線が来る危険性がある。
    小樽以東は札幌都市圏の運行があるからまだしも、それ以西は手早く新幹線建設が必要に思います。