「ペヤング匂いゲート」高速SAに現る くぐるだけで食べたくなるという「独自の香り」

東名高速の足柄SA(下り線)で、カップ焼きそば「ペヤング」のイベントが開催中。SA内には、高さ6mにも及ぶ富士山型の「ペヤングタワー」や、焼きそばの香りがするという「ペヤング匂いゲート」も設置されています。

「ペヤングタワー」、高さはなんと6m!

 東名高速の足柄SA下り線(静岡県小山町)で2018年4月14日(土)から、カップ焼きそば「ペヤング」のイベント「ペヤングジャック」が始まりました。

Large 180416 peyong 01
足柄SA(下り線)に設置された「ペヤング匂いゲート」(画像:中日本エクシス)。

 SA内には「ペヤング ソースやきそば」の巨大オブジェを設置した「フォトスポット」や、商品を富士山型に積み上げた高さ6mにも及ぶ「ペヤングタワー」、さらには、焼きそばの香りがするという「ペヤング匂いゲート」などが設けられています。

 この「匂いゲート」は洗車機のような門型のオブジェで、周囲には「この中を通るとペヤングソースやきそばのにおいがするよ!」「中に入ると衣服に匂いがつく場合があります」といった説明や注意書きが。足柄SA(下り線)を管理する中日本エクシス(名古屋市中区)によると、「くぐるだけで『ペヤング』が食べたくなる独自の香りをお楽しみいただけます」と話します。

「現在新商品を続々開発し、SNSや動画配信サイト内で話題になっている『ペヤング』とのコラボにより、話題性あるイベントが開催されることでSAにも相乗効果が生まれます。結果として、SAを『目的地』としてお客様に訪れていただければ幸いです」(中日本エクシス)

 現地の反応はどうでしょうか。中日本エクシスによると、「立ち寄られたほとんどのお客様にイベントを認知いただき、写真撮影などを通じてお楽しみいただいております。各SNSや動画配信サイトなどでもすでに取り上げられています」といいます。

 足柄SA(下り線)での「ペヤングジャック」は7月1日(日)まで開催されます。期間中は、「Twitter」でハッシュタグ「#ペヤングSA」を付けてつぶやき、そのつぶやいた画面をSAの2階「足柄浪漫館」内に特設された「ペヤングカフェ」で提示すると、「ペヤング」のパッケージをデザインしたオリジナルステッカーがもらえます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180416 peyong 02
  • Thumbnail 180416 peyong 03
  • Thumbnail 180416 peyong 01

関連記事

最新記事

コメント