京葉線の新駅、JR東日本と地元協議会が基本協定締結

JR京葉線の新習志野~海浜幕張間で計画されている新駅について、JR東日本と幕張新都心拡大地区新駅設置協議会が、基本協定書を締結しました。

JR東日本が設計・工事費の6分の1を負担

 JR東日本千葉支社は2018年4月20日(金)、京葉線・新習志野~海浜幕張間の新駅設置について、幕張新都心拡大地区新駅設置協議会とのあいだで基本協定書を同日に締結したと発表しました。

Large 180420 jremakuhari 01
JR京葉線の新習志野~海浜幕張間で計画されている新駅のイメージ。南側はイオンモール、北側はJR東日本京葉車両センターがある(画像:千葉市)。

 新駅設置については、2018年1月12日(金)に、同協議会がJR東日本に対し検討を要請していました。

 新駅は、海浜幕張~新習志野間3.4kmのほぼ中間、千葉市美浜区浜田2丁目に設置される計画です。大規模商業施設「イオンモール幕張新都心」が隣接します。基本協定書には、協定の目的や新駅予定地をはじめ、設計・工事費の6分の1をJR東日本が負担することなどを盛り込んでいます。

 2018年度は概略設計を実施。また、開業時期や新駅の名称などは今後決定するとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180420 jremakuhari 02
  • Thumbnail 180420 jremakuhari 01

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 快速と一部だが特急が停まることになりそうだな。

  2. すいません。
    先に新駅よりりんかい線直通や南船橋駅の待避可能な構造に変えた方が良い気がする。