JRの特急、どれくらい遅れるとお金が戻ってくる? 返金手続きはあとでもOK

「時間に正確」と言われる日本の鉄道も天災や事故などで大幅に遅れることはあります。一定の条件がそろえば払い戻しになりますが、実際にどのくらい遅れたらお金が返ってくるのでしょうか。

特急列車は一定の条件で全額払い戻し

「日本の鉄道は時間に正確」と言われていますが、それでも列車の遅れを完全になくすことはできません。乗車した駅では予定通りの時刻に発車したのに、途中の駅で踏切事故に巻き込まれたり、あるいは大雨による規制で一時的に運転が見合わせられ、目的地には大幅に遅れて到着することもあります。

Large 180419 okure 01c
新幹線を含むJRの特急は2時間以上遅れると特急料金のみ全額払い戻しになる(2009年、恵 知仁撮影)。

 これが5分や10分の遅れなら「まあしかたないな」で済むかもしれませんが、数時間の遅れになると、旅先や仕事先でのスケジュールが大幅に狂ってしまうことでしょう。「予定通りの時刻に着かなかったのだから、お金を返して欲しい」と、文句のひとつも言いたくなります。実際、一定の条件がそろえば、お金が一部返ってくることもあります。

 JRの場合、どんなに遅れても運賃(乗車券や定期券など)の払い戻しはありません。運賃だけで乗車できる普通列車は、5分遅れようが5時間以上遅れようが、出発駅から到着駅までの運賃は必ず払う必要があります。JRは客から運賃を受け取ることで「目的地まで運ぶ」ことを保証しますが、「目的地までの時間」は保証しないのです。

 ただし、特急列車(新幹線含む)や急行列車のように、運賃とは別に特急料金や急行料金を払わなければ乗れない列車は、予定の時刻より2時間以上遅れた場合に限り、特急料金や急行料金が全額払い戻しになります。通常の払い戻しで必要な手数料(約200~300円)もかかりません。

 特急や急行は普通列車より速いスピードで走るのが「売り」。特急料金や急行料金も「目的地まで速く運ぶ」ことを約束するための追加料金ですから、大幅に遅れた場合は全額払い戻しになるのです。なお、特急料金や急行料金は全額払い戻しになっても、運賃の払い戻しがないのは普通列車と同じです。

 なお、割引きっぷはきっぷによって扱いが異なり、2時間以上遅れても払い戻しにならない場合があります。きっぷの購入時に確認しておいた方がいいでしょう。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180419 okure 02
  • Thumbnail 180419 okure 01c

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 超特急は、1時間遅れたら「特急料金払い戻し」の時代があったんですよ。

    • ほう!!
      「ひかり」の話ですか、それとも“額面通り”「燕」の話ですか?

  2. 目的地着が二時間以上遅れる場合、以降の旅行中止ならそこから先の運賃料金払い戻しで出発地に戻れると理解してたが違うの?

  3. 2時間であるかどうかにかかわらず「はるか」と「成エク」については遅れのせいで飛行機に乗り遅れたら旅行全体の費用をJRが補償するほうが良いと思う。

    • そんな際どいタイミングで空港へ向かってくれるなよ。
      ビジネスパーソンだって最低でも出発二時間前には着いてるぜ。どんなに遅くてもの話だ。それ以降に着くようじゃ危機管理能力が無さすぎる。