自転車の点滅ライト、灯火にあらず 夜間走行に必要な「灯火」とは

【グラフ】無灯火自転車の取り締まり、ふたり乗りの4倍も

Large 180425 cycleheadlight 02
警察が自転車の取り締まりで交付した「指導警告票」の件数。2016年は無灯火が約49万件でふたり乗りの約4倍(警察庁資料をもとに乗りものニュース編集部にて作成)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 用語を理解していない。つける、付ける、点ける。あくまでも取り付けと点灯である。
    ライトを手持ちにしていたりかごの中に入れてるのもアウト。点滅は電池やバッテリーを長持ちさせようとしているらしい。警察はこれらを見ても黙認している。というか警察も理解していない?

  2. 自天赦は奥が深い

  3. 「前照灯の点滅のみ」は、他車両から見たときに近づいてくる自転車の距離感・スピード感がつかみにくいと感じる。点滅にしなくてもちゃんと光量があるライトなら連続点灯で十分認識できる。
    どうせ点滅させるなら昼間の薄曇りの時の方が効果がありそう。

  4. 一時不停止はこんなに少なくない!もっといる!逆走はその他に含まれているのか、もっといる!もっと取締り厳しくしろ!