人口37万の地方都市に「地下鉄」があるワケ 東急の電車が長野を走る(写真34枚)

「地下鉄」の目的は道路交通の改善

 これに対して長野市の人口は約37万人。決して少なくない数字ですが、それでも100万人の3分の1程度です。人口が数十万人くらいの地方都市では路線バスが市内の公共交通の主役になっていることも多く、長野市より人口が多い都市でも地下鉄がないことの方が多いです。

Large 180508 nagadenchika 02
地下駅になった権堂駅の入口(2018年5月5日、草町義和撮影)。

 そもそも、「地下鉄」を運営する長野電鉄は地方の中小私鉄。1kmあたり数百億円の建設費がかかることも多い地下鉄を整備できるだけの資本力はありません。にも関わらず、なぜ長野に「地下鉄」があるのでしょうか。

 実は、長野の「地下鉄」は最初から地下鉄として建設されたものではありません。現在の地下区間を含む長野~本郷間は1926(大正15)年から1928(昭和3)年にかけて開業していますが、最初は地上に複線の線路を敷いていました。

 しかし、戦後になって自動車の交通量が増えると、市街地で長野電鉄と道路が平面交差する部分(踏切)がネックになり、道路の渋滞がひどくなりました。そこで線路と道路を立体交差にして踏切をなくし、渋滞の解消を図ることが1970年代に決まったのです。

 このように、鉄道線路を敷き直して道路との交差を連続的に立体化し、道路交通の改善を図るプロジェクトのことを「連続立体交差事業」(連立事業)といいます。

 連立事業は「鉄道の改良」ではなく、あくまで「道路交通の改善」がおもな目的。そのため、事業費の大半は自動車重量税やガソリン税などをおもな財源にした道路特定財源からまかなわれていました(現在は一般財源から拠出)。長野の「地下鉄」も国や自治体が税金を使って行う連立事業として計画されたため、長野電鉄の経営規模にかかわらず整備することができたのです。

この記事の画像をもっと見る(34枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180508 nagadenchika 05
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 06
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 07
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 08
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 09
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 10
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 11
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 12
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 13
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 14
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 15
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 16
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 17
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 18
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 19
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 20
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 21
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 22
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 23
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 24
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 25
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 26
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 27
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 28
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 29
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 30
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 31
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 32
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 33
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 34
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 01
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 02
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 03
  • Thumbnail 180508 nagadenchika 04

最新記事

コメント

20件のコメント

  1. あれは地下鉄ですか?(爆笑)。単なるド田舎私鉄の地下ホームでしょうに。

  2. ンなこと言ったら調布市やつくば市や成田市や千歳市にも地下鉄があることになってしまう。

  3. 神戸高速や名鉄瀬戸線なども特に「地下鉄」という感覚ではないのと同じで「地下区間」という感じだと思う。
    地方私鉄らしい地下区間で独特の雰囲気が印象的。

  4. 普通に考えて、地下鉄ではないだろう。

  5. こじつけ感

    馬喰町 東日本橋 京王新線 武蔵野線は
    地下鉄とも言えるってこと?

    最後「地下鉄の定義はない」って締めてて
    逃げ道作ってようですっきりしない

  6. 間違えました
    東日本橋→新日本橋

  7. 何卒よしなに・・・
    でないと眠れなくなっちゃう

  8. ただ 地下を走っている鉄道なだけ。地下鉄とは言わないよ。名古屋や大阪や仙台のように高架の地下鉄もある。
    名鉄の名古屋駅、瀬戸線も地下鉄ではなく、地下を走る鉄道。京王新線、総武線の馬喰横山など一部駅も同様。
    長野電鉄も同様に地下を走る鉄道なだけ。地下鉄ではない。分かったかい、間抜け記者さんよ。

  9. この記事はひどすぎる。
    地下区間であって地下鉄ではない。

  10. タイトルが大袈裟だね。わずかな距離の地下区間を「地下鉄」として紹介しているけど、実際にどうひいき目に見てもそこを地下鉄と呼ぶには抵抗がある。開通当時から乗っている地元民として。

  11. 地下鉄に憧れる地方の田舎者が書いた記事だから大目に見てさしあげましょう。

  12. 定義といえば「地下鉄」には前面貫通扉が必須だという噂を聞いた事がある。小田急から来たロマンスカーが走れるから長野電鉄は地下鉄ではない、と思う。

  13. 地下化完成時から2000年頃までは日中でも4本/hはあったけど今は下手すると30分以上間隔が開きますね。閑散として薄暗い感じはお世辞にも公共交通機関として利用したいという気になれないだろう。

  14. 元々、地上を、走っていたのを、自動車の邪魔という事で、一部区間を、地下化しただけで、最初から、地下を、走らせる為に、作った訳じゃ有りません。
    それに、冬季を、考えたら、高架より、地下の方が、良い訳です。
    京王新線も、地下鉄ですか?
    キチンとした、定義を、元に、記事を、書いて下さい。
    小田急が、地下化しましたけど、地下鉄とは、言わないでしょ。
    大阪の御堂筋線は、地上区間が、有りますが、地下鉄です。
    区間を、区切って、地下鉄とは、言わないでしょ。
    地下鉄として、作ったのと、地上線を、地下化したのでは、ぜんぜん、意味が、違います。

  15. 「まるで地下鉄」くらいならともかく「地下鉄があるわけ」とはっきり明言しているのは虚偽の情報を流していることと同じでメディアとしての自覚が足りないと思う

  16. ちょうどこの前乗ってきました。
    特急料金100円でロマンスカーに乗れたのが感動です。

    『地下鉄』の定義にうるさいコメントが多いですが、人口37万の規模の都市に地下区間があるってネタを書いた記事ってことでいいじゃないですか
    躍起になってを否定するコメントはいかがなものかと・・・

    • 自称鉄道ライター様がバラエティー番組のような文章書いたらそうなるよ
      まあここの記者はyahooニュース向いてるからね

  17. 主催者さん、俺も地下鉄の定義は解らんけど、せっかくの記事に泥を塗るような書き込みに規制をかけてくれませんかね

  18. 総ツッコミで草
    まあ前面に通路が無い列車が走る線路を「地下鉄」は「法令にない」といったところでそうなりますわな

  19. この人に言わせれば、JR新千歳空港駅、JR仙石線の地下区間、北鉄金沢駅や名鉄名古屋駅、近鉄名古屋駅、名鉄小牧線小牧駅、近鉄難波線、阪神なんば線、京阪鴨東線、阪神や阪急の神戸三宮駅など、これ全部が「地下鉄」って言いはっているんですね。

    地下鉄と地下区間の区別つかない様な人間に記事を書かすんじゃない。