1日だけの自動車保険、入るべき? クルマは「借りる」時代、保険会社の描くシナリオは

家族や親戚、友達にクルマを貸す際に安心できる、というニーズを想定した、24時間単位で契約する自動車保険の加入が増えています。背景には「クルマ離れ」があるといいますが、保険会社は将来をどう描いているのでしょうか。

貸すのが気になる… 借りる人が手軽に入れる保険を

 自動車保険は年単位で契約するのが一般的ですが、近年、「1日だけ」という商品が登場しています。

 たとえば東京海上日動(東京海上日動火災保険)の「ちょいのり保険」は、スマ―トフォンで申し込むことができ、保険料は1日(24時間)500円から。三井住友海上(三井住友海上火災保険)の「1DAY保険」もスマートフォンのほか、提携しているセブン-イレブン店頭の機器で加入が可能です。いずれも、必要なときに、必要な日数分だけ、手軽に加入できるといった点を売りにしています。

Large 180523 1dayhoken 01  1
1日だけの自動車保険商品は、他人のクルマを借りて運転する際に利用することが想定されている(画像:Rui Santos/123RF)。

 これら商品のターゲットは、クルマを持っていない人。友達や親のクルマを運転する際に加入するといったことを想定しています。業界でいち早く2012(平成22)年から「ちょいのり保険」を本格展開してきた東京海上日動によると、利用者の約9割は10代、20代で、特に22歳以下の大学生が多くを占めるといいます。東京海上日動に話を聞きました。

――1日だけの自動車保険商品をなぜ作ったのでしょうか?

 いわゆる「クルマ離れ」の実態を見据えてのことですが、このような商品のニーズは昔からあったと認識しています。一般的な自動車保険でも、条件によっては他人が運転した場合もカバーできるので、たとえば無保険車が走り回って問題になっていたようなことはありません。ただ、クルマを貸して事故を起こされると保険料が上がってしまうこともあり、貸すのが気になる、という声があります。そこで、借りて運転される方が手軽にご加入いただける商品を打ち出しました。

――保険内容は、一般的な自動車保険と異なるのでしょうか?

 大きくは変わりません。一般的には車両保険を付けると保険料が上がりますが、「ちょいのり保険」でも車両保険を付けると24時間1500円~になります。加えて、「ちょいのり保険」を利用して事故がなければ、将来、当社の自動車保険に加入される際に保険料を割り引く制度も設けています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180523 1dayhoken 02
  • Thumbnail 180523 1dayhoken 01  1

関連記事

最新記事

コメント