新旧「トワイライトエクスプレス」車両を並べて展示 「瑞風」1周年、京都鉄道博物館で

豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の運行開始1周年を記念し、京都鉄道博物館で、寝台特急「トライライトエクスプレス」車両と並べて展示する企画が予定されています。

2日間限定

 JR西日本は2018年5月25日(金)、豪華寝台列車「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」の運行開始1周年を記念し、京都鉄道博物館(京都市下京区)で新旧「トワイライトエクスプレス」の一部車両を並べて展示すると発表しました。

Large 180525 jrwtwilight 01
JR西日本の寝台特急「トワイライトエクスプレス」。2015年3月まで、大阪~札幌間で運転されていた(2014年7月、恵 知仁撮影)。

「瑞風」は2017年6月17日にデビュー。1989(平成元)年から2015(平成27)年まで大阪~札幌間で運行された寝台特急「トワイライトエクスプレス」の名称と伝統を受け継ぐ列車として、現在、おもに山陽・山陰方面を周遊するクルーズトレインとして運行されています。

 今回、運行開始1周年企画として、2018年6月16日(土)と翌17日(日)、京都鉄道博物館の本館1階「車両のしくみ/車両工場」で、「トワイライトエクスプレス瑞風」と、元「トワイライトエクスプレス」の一部車両が並べて展示される予定です。

 また、6月17日(日)には、ホテルグランヴィア京都(京都市下京区)で、これまでの「瑞風」利用者や沿線関係者を対象としたイベントを開催。ヴァイオリニストで「瑞風アンバサダー」の葉加瀬太郎さんによるミニコンサートや、食事会が予定されています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180525 jrwtwilight 02
  • Thumbnail 180525 jrwtwilight 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 新旧ね