地雷が邪魔なら爆破しよう ギミック効いた92式地雷原処理車の処理システムとは

地雷は厄介なものですが、その処理を専門とする陸自の装備があります。任務内容を字面だけで見ると少々地味な印象ですが、実際の処理方法はギミックも効いた迫力あふれるものでした。すなわち爆破です。

作られてしまうと厄介な地雷原

「地雷」とはおもに、攻め寄せる敵を食い止める手段として用いられるものですが、専守防衛すなわち他国への侵攻を一切想定していない自衛隊にも、敵が仕掛けた地雷を処理するための装備があります。

Large 180531 mine 01
92式地雷原処理車から発射された地雷原処理用ロケット弾。こう見えてワイヤーでつながっている(矢作真弓撮影)。

 万が一、日本が敵の侵攻を受けた場合、敵はすぐに強固な防御陣地を築きあげるでしょう。そして、自衛隊の攻撃をなんとしても阻止して、陣地を大きく広げてくるはずです。そのような時、敵は自衛隊の攻撃を邪魔するために、自分たちの陣地の周辺に広範囲な地雷原を作り上げることが想定されます。無論、自衛隊を陣地へ容易に近づけないようにするためです。そしてこの地雷原は、一度作られてしまうと、自衛隊にとって非常に厄介な存在になります。

「地雷原」とは、一般的に対人地雷や、対戦車地雷といった各種の地雷が埋設された場所を指します。埋設されていなくても、ヘリコプター散布地雷によって、空中から数多くの地雷を広範囲にばら撒かれているかもしれません。

Large 180531 mine 02
92式地雷原処理車。重砲などをけん引する73式けん引車を改造したもので、地雷原処理用ロケット弾2発を装備する(矢作真弓撮影)。

 こうした状況を速やかに打開できるよう、陸上自衛隊は地雷原のなかに安全な通路を作ることができる専門の装備品を備えています。それが、「92式地雷原処理車」です。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180531 mine 07
  • Thumbnail 180531 mine 01
  • Thumbnail 180531 mine 02
  • Thumbnail 180531 mine 03
  • Thumbnail 180531 mine 04
  • Thumbnail 180531 mine 05
  • Thumbnail 180531 mine 06

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 記事中に「bleaching (漂白)」とありますが、正しくは「breaching (破壊)」かと。

    • ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

  2. このロケットは初速が遅いため、シャッターのチャンスを合わせやすく、比較的ですが飛んでゆくロケット、分離する爆薬が撮りやすいです。
    あくまで比較の問題ですが、戦車の発砲と翔んでゆく砲弾よりは、ですけれど…

  3. 差し詰め地底の破壊神vs地上の破壊神といった構図