新編陸上自衛隊、どう変わった? 創設以来最大規模、目指したものは更なる「速さ」

2018年4月、陸上自衛隊が大規模な組織改編を実施しました。AAV7、MV-22B「オスプレイ」、16式機動戦闘車といった新しい装備も配備されます。具体的にどのように変わったのか、その背景を含め解説します。

いままでなかったのが不思議? 「陸上総隊」発足

 2018年4月、陸上自衛隊は、創設以来最大規模となる大改編を実行しました。部隊新編及び改編、新装備の運用開始と、それはまさに「自衛隊大改革」と言っても過言ではないでしょう。

Large 180516 gsdf 01
2018年4月の陸自改編にて創設された水陸機動団の、新編行事における訓練展示の様子。陸上総隊の隷下部隊になる(2018年4月7日、菊池雅之撮影)。

 その大改革の目玉となったのが、「陸上総隊」の創設でした。

 陸上自衛隊は、日本列島を5つに区切り、北から北部方面隊、東北方面隊、東部方面隊、中部方面隊、西部方面隊を配置しています。各方面隊は、師団や旅団と言った作戦基本部隊を持っています。陸自は、師団や旅団単位で戦闘する戦術としています。

 この度の改編で、5個方面隊を合理的かつ迅速に機能させるため、一元的に取りまとめる総司令部を作ることになりました。それが「陸上総隊」です。

Large 180516 gsdf 02
陸上総隊新編行事の様子。今回の組織改編にあわせ、制服も一新された(2018年4月4日、菊池雅之撮影)。

 方面隊を俯瞰する司令部を置くことで、指揮統制能力は格段に向上されます。管轄エリアにとらわれず、陸海空自衛隊による統合運用を効率的かつ合理的に行う事が出来るからです。

 実は、海上自衛隊は「自衛艦隊」、航空自衛隊は「航空総隊」と、それぞれ総司令部を有してます。陸自だけが欠落していたという不思議な状況でした。これにより、陸海空自衛隊の司令部の横軸が通ることになりました。円滑な統合運用が可能になると期待されています。米軍との調整も陸上総隊が行う事で、共同作戦についてもシームレスに行えるでしょう。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180516 gsdf 09
  • Thumbnail 180516 gsdf 01
  • Thumbnail 180516 gsdf 02
  • Thumbnail 180516 gsdf 03
  • Thumbnail 180516 gsdf 04
  • Thumbnail 180516 gsdf 05
  • Thumbnail 180516 gsdf 06
  • Thumbnail 180516 gsdf 07
  • Thumbnail 180516 gsdf 08

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 野党が渋ったせいで何回も見送られたのかと思うと切なくなる