「ポンピングブレーキ」って必要? ABSがあってもすべきか

ブレーキ、どうかけるのがベスト?

――では、どのようにブレーキをかけるのがよいのでしょうか?

 そっと、長くブレーキをかけることです。後続車に伝える意味においても、早く、長く後ろに知らせることが有効です。

※ ※ ※

 公安委員会が道路交通法の概念をわかりやすくまとめた「交通の方法に関する教則」には、「ブレーキの掛け方」という項目があります。そこでは、「最初はできるだけ軽く踏み込みましよう。それから必要な強さまで徐々に踏み込んでいきます」「ブレーキは数回に分けて使いましよう。この方法は、道路が滑りやすい状態のときには、とりわけ効果的です。また、数回に分けて使えば、ブレーキ灯が点滅し、後車への合図となつて追突事故防止に役立ちます」などとされています。

 田中さんによると、教習の参考となるこの「教則」をはじめ、各種の運転教本などに記載された「断続的にブレーキをかける」といった内容が、人によって解釈が異なってくるとのこと。「道路交通法ができた昭和30年代には、ポンピングブレーキを行うことでブレーキ圧を高め、強く踏めるといったメリットもあったでしょう。しかしいまはほとんど意味をなしません」と話します。

 一方で前出の「教則」では、緊急時以外で急ブレーキをかけてはいけないとしつつ、「アンチロックブレーキシステム(中略)を備えた自動車で急ブレーキを掛ける場合には、システムを作動させるために、一気に強く踏み込み、そのまま踏み込み続けることが必要です」とあり、昨今のクルマ事情も反映されています。

 ちなみに、「教則」における「ブレーキの掛け方」ではさらに、「むやみにブレーキを使わず、なるべくアクセルの操作で徐々に速度を落としてから止まるようにしましよう」としてます。田中さんによると、「ブレーキをなるべく踏まないことが上手な運転だと勘違いしている人もいますが、これこそ危険です。エンジンブレーキではブレーキランプが点灯せず、後続車に減速が伝わりません。カーブではしっかりブレーキを踏むようにしましょう」と話します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

9件のコメント

  1. その教習所は間違いです、全てにABSが付いているわけでは無く
    、特に大型は制動距離が長い為、後ろに付かれた場合何度もブレーキを踏み減速の意志を見せた方が安全です。

  2. 昔からそうだが、運転のプロという人の言うことほど当てにならないね。

  3. それ以前にブレーキペダルを完全に踏みきれるシートポジョンにしている方がどれだけいらっしゃるのでしょうか?
    足が延びきった位置が最大の踏み位置なんでしょうか?
    それとポンピングブレーキが意味なさないとは?
    路面の状況を把握してさえいれば有効だと思いますがね
    また昔のサニトラのような四輪にディスクを用いない車種には連続して制動をかけるより小刻みにペダルで緩和するほうが制動力は復活すると言う現象もあるのですが、今でも総重14トン以上の大型車は一時的な制動緩和が有効とされてますが、実にABSやASRを過信するほうが余程危ないと思いますがね

  4. 急ブレーキと余裕のあるブレーキの話ははっきり分けないと分かりにくいです。

    点灯しているブレーキランプより点滅している方が注意喚起になる点もありますので、早期から軽く踏み続けるというのはどうかなあと思います。
    ほとんど減速しない程度のブレーキを繰り返しつつ、アクセル離してゆっくり減速、最後にしっかりブレーキでもよいのでは。

    あと、あまりに早期にブレーキを踏むのは渋滞を招くという話も聞いたことがありますがどうでしょう?

  5. 日常生活で常にポンピングブレーキをする必要はないが、テクニックとして頭に入れておくことは大事。
    ブレーキローターの歪み等で、キャリパーのピストンが引っ込んでしまい、ブレーキペダルを踏んでも十分な制動力を発揮できなくなった場合、ポンピングブレーキが有効です。

    あと、「不要な急ブレーキ」は教則にあるだけでなく、道路交通法違反です。

  6. 公安委員会や暖簾分けの教習所なんて毎度こんなもん

  7. 実際の所、ポンピングブレーキはやっていない。
    今時の普通車だから、古い車や大型車における制動力云々は関係ないし、整備不良状態での酷使まで考えてない。

    しかし、後続が、車間距離が短い場合や、重そうな大型車の場合は、早めのブレーキランプ点灯で注意喚起とともに、減速が急にならないようにしている。

  8. その教習所は公認ですか?
    非公認の場合、個人の主観が入ってしまいますよね。

    どうもこのこちらの教習所の記事見てると各教習所がさもやっているようなコメントだったり教習カリキュラムを否定していたり、表現するなら公認か非公認かしっかり明記してから意見を言うべきではありませんか。

  9. 非ABS車に有効なポンピングブレーキと、教習所で教える予備制動は全く別のモノ。
    ポンピングブレーキではタイヤロック直前でブレーキを軽く戻し、操舵可能にする技術。
    予備制動は、実際には制動がかからない"遊び"の範囲でブレーキを数回踏み、ランプを点滅させる行為。
    それをごっちゃにしている時点で、講師の運転スキルの無さ、理論すら正しく理解できていない事が丸わかり。
    まあその事に気づく能力も無いんだろうけどね。