JAL株主総会で語られた中長距離LCCの姿 B787-8なら現JAL路線カバー 質疑応答の内容

JALが第69期定時株主総会を開催。同社が2020年の就航を目指している国際線の中長距離LCCについてなど、株主との質疑応答について、おもな内容をまとめました。植木会長は社内で「LCC推進派」だったそうです。

1株あたりの年間配当金は合計110円

 JAL(日本航空)は2018年6月19日(火)、東京都内で第69期定時株主総会を開催。以下の3議案が議決されました。

Large 180619 jal 01

拡大画像

東京都港区で開催されたJALの第69期定時株主総会(2018年6月19日、恵 知仁撮影)。

第1号議案「剰余金の処分の件」

1.配当財産の種類:金銭
2.株主に対する配当財産の割り当てに関する事項およびその総額:日本航空普通株式1株につき金57円50銭。配当総額201億9547万4473円。
3.剰余金の配当が効力を生じる日:2018年6月20日(水)。

 配当性向は、親会社株主に帰属する当期純利益から法人税等調整額の影響を除いた額の30%程度が目安とのこと。「当期の1株あたりの年間の配当金は、中間配当52円50銭と合わせて110円」になるそうです。

第2号議案「取締役10名選任の件」

 人数はこれまで同様、社外取締役以外の取締役7名、社外取締役が3名の計10名で、以下の人物が選任されました(敬称略)。

植木義晴(再任)、赤坂祐二(新任〈社長〉)、藤田直志(再任)、斉藤典和(再任)、菊山英樹(再任)、進 俊則(再任)、清水新一郎(新任)、小林栄三(再任/社外/独立役員)、伊藤雅俊(再任/社外/独立役員)、八丁地園子(新任/社外/独立役員)

第3号議案「監査役1名選任の件」

 熊坂博幸さんの退任にともない、久保伸介さんが選任されました。

第69期の営業収益など

・営業収益:1兆3832億円(前期比7.3%増加)
・営業費用:1兆2086億円(前期比8.1%増加)
・営業利益:1745億円(前期比2.5%増加)
・経常利益:1631億円(前期比1.1%減少)
・親会社株主に帰属する当期純利益:1354億円(前期比17.5%減少)

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180619 jal 03
  • Thumbnail 180619 jal 01
  • Thumbnail 180619 jal 02

関連記事

最新記事

コメント