青函トンネルで携帯電話「圏外」解消へ 2019年3月以降順次サービス開始予定

本州と北海道をつなぐ青函トンネルで、携帯電話サービスの提供に向けて整備が始まります。これが完成すると全長約54kmのトンネル内全域にわたって「圏外」が解消されます。

全長約54kmのトンネル内全域がケータイ「圏内」に

 NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクは2018年6月28日(木)、公益社団法人移動通信基盤整備協会を通じて、青函トンネル内での携帯電話サービスの提供に向けてエリア整備を行うと発表しました。

Large 180628 seikantnmp 01
青函トンネル内の全域で携帯電話サービスを提供へ(画像:NTTドコモ)。

 現在は、トンネルの途中に設けられている2か所の定点(旧・海底駅)で携帯電話の電波が通じます。定点は避難所と地上へのケーブルカーを備えた緊急時の拠点になる施設で、携帯電話サービスも緊急停車時を想定して整備されています。

 今回の工事が完成すると、全長約54kmの青函トンネルの全域にわたって携帯電話の「圏外」が解消されます。

 サービス提供事業者はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクです。ワイモバイルも対応予定。サービス開始時期は2019年3月以降順次の計画です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180628 seikantnmp 02
  • Thumbnail 180628 seikantnmp 01

関連記事

最新記事

コメント