「太田強戸PA」7月28日誕生 北関東道のガソリン空白区間が解消 スマートICも併設

北関東道に太田強戸PAがオープン。フードコートやガソリンスタンドなどが設けられます。併設の太田強戸スマートICも同時にオープンします。

トイレや店舗は両方向で一緒

 NEXCO東日本とネクセリア東日本は2018年6月28日(木)、北関東道の太田藪塚IC~太田桐生IC間に、太田強戸(おおたごうど)PAと太田強戸スマートICを7月28日(土)15時に同時にオープンすると発表しました。

Large 180629 ohtagoudopasic 01

拡大画像

太田強戸PA・スマートICの工事状況。2018年5月撮影(画像:ネクセリア東日本)。

 太田強戸PA・スマートICは、北関東道の波志江PA(群馬県伊勢崎市)から14.8km、出流原(いずるはら)PA(栃木県佐野市)から20.4kmの群馬県太田市内に開設されます。

 PAの駐車台数は西行き・東行きとも各108台(小型62台、大型37台、バス5台、トレーラー2台、小型身障者用2台)。トイレや店舗は両方向集約型です。「上州麦豚トンテキセット」(1680円)や「ひもかわうどん」(冷、730円)などを提供する100席のフードコートをはじめ、地元、太田市発のニットブランド「OTA KNIT」や洋菓子店「OTA FACTORYプリン」などが出店します。

 また、両方向にガソリンスタンド(ENEOS)も設置。これにより、150km以上にわたりガソリンスタンドがない“空白区間”が解消されます。24時間営業で、給油はセルフ方式(大型車はフルサービス方式)です。

 スマートICはETC専用で24時間利用可能。北関東道からPAを利用した場合はスマートICから出られませんが、スマートICから入ったときはPAを利用できます。通行料金(普通車、通常)は練馬ICから3250円、高崎ICから930円、川口JCTから2720円、宇都宮上三川ICから1750円です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180629 ohtagoudopasic 02
  • Thumbnail 180629 ohtagoudopasic 03
  • Thumbnail 180629 ohtagoudopasic 04
  • Thumbnail 180629 ohtagoudopasic 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ハンコもあるのか?
    五行川PAはいつ出来るだろうか?