消えた浜松町駅ホームの小便小僧 「夏休み中」のお知らせ残し… 彼に何があったのか?

JR浜松町駅の名物ともなっている、ホームに設置された小便小僧の像が、2018年7月下旬に撤去されました。周辺には「猛暑のため夏休み中です」とのお知らせが。一体何があったのでしょうか。

毎月異なる衣装にチェンジ 名物だった小便小僧

 JR浜松町駅の3・4番ホームに設置されていた小便小僧のブロンズ像が、2018年7月下旬に撤去されました。

Large 180801 shoben 01

拡大画像

ホームには小便小僧の「夏休み」を伝える掲示物が(2018年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 7月末日現在、像が立つ台座も根こそぎなくなっているほか、その下にある「小便」を受ける池も、カバーで覆われています。付近には、「7月27日~8月23日まで 小便小僧は猛暑のため夏休み中です」とのお知らせが。

 現在は撤去されていますが、本来は池の横にこの小便小僧の由来を記した石碑もあり、それによると像が設置されたのは1952(昭和27)年のこと。1986(昭和61)年からは地元のボランティアセンターに登録している手芸グループ「あじさい」によって、月替わりで異なる衣装が着せられており、浜松町駅におけるひとつの名物ともなっていました。

 一体、小便小僧に何があったのでしょうか。JR東日本東京支社に聞きました。

――小便小僧はなぜ撤去されたのでしょうか?

 ホームドアの設置工事にあたり、安全なスペースを確保するために一時的に「お休み」をいただいています。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180801 shoben 03
  • Thumbnail 180801 shoben 04
  • Thumbnail 180801 shoben 01
  • Thumbnail 180801 shoben 02

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. なぁんだ、酔っぱらいが小便小僧の池に本物の小便をしまくるからいったん撤去したのかと思った。

  2. 休暇中は倉庫で休憩?  それとも全国サーキットツアーとして各地の都市で数日間ずつ展示?

  3. 記事の最初のほうに「ブロンズ像」とあったから、この暑さで熱せられたブロンズで火傷をしてはいけないから撤去されたのかと思いながら記事を最後まで読んだら違ってた。