自動運転バス、江の島の公道で実証実験 先着の事前予約で乗車も可能 小田急・江ノ電

小田急電鉄と江ノ島電鉄が、江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を行います。乗車は先着の事前予約制です。

約1kmの区間を運転

 小田急電鉄と江ノ島電鉄は2018年8月14日(火)、神奈川県と連携して、9月6日(木)から16日(日)の期間に、江の島周辺の公道で自動運転バスの実証実験を行うと発表しました。

Large 180814 autobus 01
自動運転バスの実証実験に使われる車両のイメージ(画像:小田急電鉄)。

 この実験は、神奈川県が取り組む「ロボット共生社会推進事業」の推進と、小田急グループがバスの自動運転の検証のため実施するものです。日野「ポンチョ」をベースにした自動運転車両を用いて、すべての運転タスクをシステムが行い、システムが要請したときのみドライバーが運転します。

 期間中は、「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会」の開催にあわせて「江ノ島海岸バス停」と「小田急ヨットクラブ」のあいだ(約1km)を走行。運行本数は、平日が往復12本、土日は片道5本(小田急ヨットクラブ発のみ)です。

 一般の人が乗車できるのは、9月11日(火)から16日(日)まで。事前予約制で、8月14日(火)から募集を開始します。募集人数は450人程度で、料金は無料です。専用サイトやアプリ「Yahoo!乗換案内」を通じて予約できます。

 この実証実験にあわせ、小田急電鉄とヴァル研究所は、8月14日(火)から9月16日(日)まで、MaaS(Mobility as a Service)のトライアルを実施します。

 ヤフーが提供しているアプリ「Yahoo!乗換案内」で臨時バス停を表示。また、試乗日を指定すると自動運転バスの予約ができるなど、移動に関する様々なサービスが一括して提供されます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 力持ちのポンチョ、江ノ島に止まらず峠でも活躍してほしですな
    なんてたって5000TURBOに6速ステップATですから!
    横置きエンジンの低床バスが大型でも早く復帰するといいですね