千代田線6000系電車が引退へ 11月まで特別運転 営団地下鉄の「標準」になった電車

【写真】インドネシアを走る千代田線の電車

Large 180928 6000 02  1

拡大画像

6000系の一部車両は千代田線から引退後、インドネシア・ジャカルタの都市鉄道に譲渡されている(2017年9月、草町義和撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180928 6000 02  1
  • Thumbnail 180928 6000 01

Writer: 恵 知仁(鉄道ライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 日本における左右非対照顔のはしりかな?
    およそ50年前のデザインなのに、今でも未来的な印象がある。(オレには)
    顔だけのカットボディでも良いから保存してもらいたい。

  2. 省エネ電車の先鋒、と思っていたが確かに正面貫通扉を脇に寄せるデザインもこの車両以前には見られませんね。

  3. 地下鉄千代田線6000系の運用も、今週末の臨時列車を持って終了します。同系の特徴だった開閉時のドアは、鉄道ファンからは、バクダンドアと呼ばれました。このドアの音が聞けるのは、有楽町・副都心両線7000系と半蔵門線8000系のみとなりますが、両系とも新型車に置き換えるため、将来的には聞き納めとなります。