東海道新幹線、16時ごろから全区間で運休 台風24号接近で

台風24号の接近にともない、東海道新幹線が全区間の運休を決めました。

東京~三島間の「こだま」を最後に

 台風24号の接近にともない、JR東海は2018年9月30日(日)午後、東京発15時56分の三島行き「こだま669号」(三島着16時52分)、三島発15時50分発の東京行き「こだま658号」(東京着16時47分)を最後に、東海道新幹線(東京~新大阪)の運転を全区間で見合わせると発表しました。

Large 180930 tokaido 01
東海道・山陽新幹線のN700A(2018年3月、恵 知仁撮影)。

 東海道新幹線は30日午前より順次、列車の運転を縮小していました。

 なお山陽新幹線は、広島~博多間のみで運行していますが、一部列車の運休や遅れが発生しています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. こういったニュースはリアルタイムじゃなければ意味がない。
    そもそもなんで消さないのか。
    もう12月だぞ。9月の台風のニュースなんて残しておくなよ。