台風で盛土流出の豊肥本線、一部で運転再開 ただ復旧まで期間を要する区間も JR九州

台風24号の影響で、大分~阿蘇間が不通になっていたJR九州の豊肥本線が、一部で運転を再開。ただ、復旧に期間を要する見込みの区間があります。

大分大学前~犬飼間は期間を要する見込み

 JR九州は2018年10月1日(月)14時過ぎ、台風24号の影響で不通になっていた区間について、一部で運転を再開すると発表しました。

 盛土の流出などにより、1日の始発から大分~阿蘇間98.1kmが不通になっていましたが、15時45分より大分~大分大学前間9.2kmで運転が再開されます。

Large 181001 hohi 02

拡大画像

豊肥本線の特急「あそぼーい!」とくまモン(2017年7月、恵 知仁撮影)。

 ただし、豊肥本線では大分大学前(大分市)と犬飼駅(大分県豊後大野市)のあいだ13.6kmにおいて、複数箇所で盛土の流出などが発生しているため、こちらの運転再開までは期間を要する見込みとのこと。

 なお豊肥本線では、2016年4月の熊本地震により阿蘇~肥後大津間27.3kmも不通になっていますが、運転再開に向け工事が進められています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント