バス停がバームクーヘンに! 目の前の地層とおそろい 大島バス

「バームクーヘン」前のバス停がバームクーヘンに!

Large 181017 ohshimachisou 01
「バームクーヘン」風のデザインに変わった大島旅客自動車の「地層断面前」バス停(画像:東海汽船)。

 伊豆大島でバス事業を手掛ける大島旅客自動車(大島バス)が2018年10月、「地層断面前」バス停(東京都大島町)を、バームクーヘンを模したデザインにリニューアルしました。

 バス停周辺には、道沿いに長さ630m、高さ24mほどにわたって地層切断面が続いています。約1万5000年~2万年前の火山噴火でできたと推定されており、その見た目から通称「バームクーヘン」と呼ばれているとのこと。バス停の姿はこれにちなんでいます。大島旅客自動車は「ぜひ足をお運びの上、迫力ある地層大切断面をご覧ください」としています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント