後志道の余市IC~小樽JCT間、12月開通 札樽道に接続

後志道の余市IC~小樽JCT間が開通へ。これにより時間短縮のほか、並行する国道5号の走行安全性の向上などが期待できるといいます。

津波災害時の広域避難路、緊急輸送路に

 NEXCO東日本北海道支社は2018年10月19日(金)、後志(しりべし)道の余市IC~小樽JCT間23.3kmが12月8日(土)に開通すると発表しました。

Large 181019 shiribeshi 01
2018年12月8日に後志道の余市IC~小樽JCT間が開通する(画像:NEXCO東日本)。

 同社によると、今回の区間が開通することで、札幌中心部から余市町までの所要時間が74分から55分に短縮。これにより後志地域の観光地へのアクセス性が向上し、さらなる観光客の集客が期待されるといいます。

 また、開通区間に並行している国道5号は事故危険区間が19か所存在しており、死傷事故率も北海道内の国道平均に比べて高く、さらには地震発生時に津波の浸水による進入規制が想定されています。後志道が開通することで、国道5号の走行安全性の向上や、津波災害時の広域避難路、緊急輸送路としての機能が期待されるとしています。

 なお、余市ICから先の倶知安ICまで(約40km)は、「倶知安余市道路」として整備が進行中です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181019 shiribeshi 02
  • Thumbnail 181019 shiribeshi 03
  • Thumbnail 181019 shiribeshi 01

関連記事

最新記事

コメント