旧デザインのエプロン・スカーフをネット販売 東海道新幹線パーサー用

ジェイアール東海パッセンジャーズが、東海道新幹線パーサーの旧制服デザインのスカーフとエプロンをインターネットで発売します。

スカーフもエプロンも各3種類

 ジェイアール東海パッセンジャーズが2018年11月1日(木)から、パーサーの旧制服デザインのスカーフとエプロンをインターネットで販売します。

Large 181031 jrcpapronscarf 01
旧制服デザインのエプロンのイメージ。色は3種類(画像:ジェイアール東海パッセンジャーズ)。

 同社は2017年10月に、東海道新幹線で車内販売を行うパーサーの制服をリニューアルしました。

 これを受け、2018年9月にJR東海の浜松工場で開催された「新幹線なるほど発見デー」や、10月に東京の日比谷公園で開催された「鉄道フェスティバル」で、旧制服デザインのスカーフとエプロンを販売。そして今回さらに、インターネットショップでも販売します。

 価格(税込)はスカーフが4500円、エプロンが5000円です。11月1日(木)午前10時から「JRCPオンラインショップ」で発売。いずれの商品もなくなり次第終了です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント