「グラウンド整備カー」で甲子園球場を整備! 阪神園芸の仕事を体験

甲子園歴史館が、秋の特別イベント「整備カーでグラウンド整備を体験しよう!」を開催。

運動靴の着用を!

 阪神電鉄が運営する甲子園歴史館(兵庫県西宮市)は2018年11月6日(火)、秋の特別イベント「整備カーでグラウンド整備を体験しよう!」を25日(日)に開催すると発表しました。

Large 181106 hanshinengei 01
阪神甲子園球場の「グラウンド整備カー」のイメージ(画像:阪神電鉄)。

 阪神甲子園球場のグラウンド整備を担う阪神園芸が協力。同社の人と整備カーに乗り、グラウンド整備の仕事を体験できます。また、普段の野球観戦では見られない球場の3塁プルペンなど“裏側”の見学も可能です。

 イベントは17時から4回開催。募集人員は各回15人、計60人です。参加料金(甲子園歴史館の入館料含む)は大人2000円、小中学生1500円。応募は7日(水)10時から16日(金)まで、甲子園歴史館のウェブサイトで受付を開始します。応募多数の場合は抽選です。

 イベントは小雨決行ですが、グラウンドコンディション不良の際は、1塁ブルペンか3塁プルペンでグラウンド整備カーとの記念撮影会を行います。また、参加者や付き添いの人は運動靴の着用が必要です。ちなみにグラウンドの土を持ち帰ることはできないそうです。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント