赤羽駅の発車メロディーがエレファントカシマシに 5・6番線に採用

JR赤羽駅の発車メロディーが、地元・東京都北区にゆかりのあるエレファントカシマシの楽曲に変わります。

「俺たちの明日」「今宵の月のように」

 JR東日本東京支社は2018年11月8日(木)、赤羽駅(東京都北区)の発車メロディーをエレファントカシマシの楽曲に変更すると発表しました。

Large 181108 jreakabane 01
東京都北区に位置するJR赤羽駅。2017年度の1日平均乗車人員は9万5851人(2018年10月、乗りものニュース編集部撮影)。

 東京都北区は、赤羽とゆかりのあるアーティスト、エレファントカシマシを通じたシティプロモーション事業を計画しています。

 今回は、宇都宮線(東北線)、高崎線、湘南新宿ラインが発着するホームで発車メロディーが変更されます。5番線(新宿、横浜方面)が「俺たちの明日」、6番線(大宮、宇都宮、高崎方面)が「今宵の月のように」です。

 使用開始は16日(金)の初電から。同支社は「北区をはじめ、地域の皆様のご要望にお応えし、赤羽駅の発車メロディーを『エレファントカシマシ』の楽曲に変更することで、お客さまや地域の皆様に親しまれる駅を目指します」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ゆかりがあるアーティストがいる所は得だな