新幹線「カタイアイス頂上決戦」、延長戦にもつれ込み 「ブラックサンダー」も参戦(写真16枚)

「シンカンセンスゴクカタイアイス」と「硬いアイスバー」の戦いが終わりません。「ブラックサンダー」「オロナミンC」も参戦。東海道・山陽新幹線のネット予約サービス「スマートEX」のキャンペーン「THE席くじ」、第2期が始まります。

座席番号ランダムの特別賞も用意

 JR東海とJR西日本が2018年11月17日(土)より、東海道・山陽新幹線で「THE席くじ」の第2期を始めます。

Large 181112 smartexkuji2nd 01

拡大画像

より硬いのはどっちだ。「B席賞」の「スジャータアイスクリーム」「あずきバー」1年分(画像:JR東海)。

 年会費や登録料不要で、スマートフォンやパソコンからネット予約できるほか、座席が選べ、予約変更が何度でも可能、お得な「早特商品」も用意されている東海道・山陽新幹線のサービス「スマートEX」の1周年を記念し、実施されているのが「THE席くじ」です。

「スマートEX」を使って予約された指定席の座席番号を対象に抽選し、その席の人にさまざまな景品をプレゼントするというもの(1名片道あたり5000円以上の区間が対象)。第1期の1回目抽選で、「B席賞」(新幹線沿線のご当地レトルトカレー1年分)は、「10月12日「のぞみ1号」の東京~広島間で7号車6番B席を利用した人」など10名が当選しています。

 第1期では、「硬さ」でも知られる東海道・山陽新幹線の車内販売アイスクリーム「スジャータアイスクリーム」(スジャータめいらく)と、やはり硬いことで知られる「あずきバー」(井村屋)の1年分をセットにした景品(D席賞)が話題になりました。

 第2期にも、この“名物”が引き続き登場。「カタイアイスの熱い対決延長戦」として、今度は「B席賞」で、「スジャータアイスクリーム」と「あずきバー」1年分(それぞれ121個と246本)が当たります。

 また第2期の「C席賞」は、「C」にちなんで炭酸栄養ドリンク「オロナミンC」1年分。そして「D席賞」は、東海道新幹線沿線の豊橋が発祥のチョコレート菓子「ブラックサンダー」1年分です。「A席賞」は「美白美容液1年分」、「E席賞」は永谷園の「お茶づけ1年分」が用意されます。

 このほか「THE席くじ」には座席の位置に関係なく当たる「特別賞」もあり、ホテルグランヴィア京都やグランドハイアット福岡など、東海道・山陽新幹線の沿線にあるホテルのペア1泊2日宿泊券が当たります。

 第2期の実施期間は11月17日(土)から12月16日(日)まで。まず11月17日から12月1日までの乗車分を対象にした第1回当選発表が12月10日(月)に行われ、12月2日から16日まで乗車分の当選発表は12月25日(火)に行われる予定です。

「スマートEX」にはシートマップ機能があり、そこから好きな座席を選んで予約が可能。「B席賞」の当選を目指すなら、B席を選んで予約する必要があります。

【了】

この記事の画像をもっと見る(16枚)

Writer: 草町義和(鉄道ニュースサイト記者)

鉄道誌の編集やウェブサイト制作業を経て鉄道ライターに。2020年から鉄道ニュースサイト『鉄道プレスネット』所属記者。おもな研究分野は廃線や未成線、鉄道新線の建設や路線計画。鉄道誌『鉄道ジャーナル』(成美堂出版)などに寄稿。おもな著書に『鉄道計画は変わる。』(交通新聞社)など。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント