タクシー配車アプリで「複数会社に配車依頼やめて」協会が訴え 円滑な配車を阻害も

スマートフォンのアプリを使ったタクシー配車が広まっていますが、ひとりの利用者が同時に複数の会社へ配車依頼をするという問題も起きています。

配車の「無断キャンセル」、当人は悪気なし?

 スマートフォンのアプリを使ったタクシーの配車依頼が広がっています。その先駆けである日本交通グループのアプリ「JapanTaxi」(旧「全国タクシー」)は、2011(平成23)年から徐々に加盟事業者を増やし、ダウンロード数は2018年8月末時点で約550万。全国を走るタクシー車両のおよそ3分の1にあたる約7万台をカバーしています。

Large 181112 haishaapp 01
スマートフォンアプリを通じたタクシー配車が増えている。写真はイメージ(画像:写真AC)。

 そのようななか、名古屋タクシー協会が2018年11月からウェブサイトで「タクシーの『配車申し込み』『ご利用方法』についてのお願い」を掲載しました。「複数のタクシー会社に配車申し込みを行い、一番早く到着したタクシーに乗車して、他の配車申し込みをキャンセルする事象が数多く発生しています」とのこと。同協会に話を聞きました。

――なぜ複数のタクシー会社配車という事態が起こるのでしょうか?

 お客様が異なる複数のタクシー配車アプリを同時に使われているケースが多いと考えています。従来はタクシーセンターで配車依頼を受け、無線連絡で近くのタクシーにお客様のもとへ向かってもらう方法が主流でしたので、こうしたことはなかったのです。

――どのような影響があるのでしょうか?

 配車申し込みを受けて向かっているほかのタクシーにとっては、時間のロスになります。事業者としても効率的な配車ができなくなり、特に雨の日などはひとりの方に配車が集中して、ほかのお客様のご依頼に対しタクシーが回せないということが起こっているのです。

 複数会社へ配車を依頼されているご本人にとっては悪気なく、便利な使い方と思っていらっしゃるかもしれませんが、ほかのお客様のご迷惑になることを知っていただくべく、啓発することにしました。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181112 haishaapp 03
  • Thumbnail 181112 haishaapp 01
  • Thumbnail 181112 haishaapp 02

関連記事

最新記事

コメント

9件のコメント

  1. 無断キャンセル目的の配車依頼は威力業務妨害罪で立件できるのではないでしょうか

  2. 1時間前から一律キャンセル料金がかかるなど対応すればいいのに、なぜそれをしないでマナーとかいい出すのだろうか。レベルの低い議論に見える。
    海外でしか利用したこと無いが、Uberなどは明確にキャンセル料金がかかる。

  3. 中国の滴滴みたいに、何番目で時間の目安ぐらい表示させれば良いだけ。
    配車してから20〜30分とかでキャンセル料が〜とか舐め過ぎ。

    お願いする前に無い頭を捻って欲しい。

  4. 利用者からすれば早くタクシーに乗りたいだけだし仕方ない部分もある。
    ですが携帯電話の番号認証もあるので、悪質な場合は要注意客として登録はしてます。

    • そもそも、配車センターに電話が繋がらない、酷い会社は、電話線を外しています。そういう点には触れないのですね。
      病院への通院依頼も露骨に嫌がる会社が多いです。

  5. 想定する能力が無いだけだろ、高速バスの予約システムも規則とマナーを混同して謀りにかけて愚痴ってるけど先ずは自分等がシステム改良してから言えばいいだろうに?
    曝せない合法なら同情票で煙に巻くのは筋が違うだろ
    そもそも陸運旅客の審査の欠片もない認可を追い風に駄作を世に送り込んでおきながらイザ!蓋開けたら向かい風が吹いて嘆くのは根本から話がズレてんだよ

  6. もっとシステムでバンバンBANしていけば良いんだと思う。

    アプリで決済、キャリア決済できますよー登録してくださいねーとかやったり、
    乗るとき&降りるときスマホのバーコード読みますよーそういう方向で、
    (本当は必要が無くても)「ちゃんとやってる感」を演出して不正利用対策を行うのがまず第一。

    そのあとで、キャリア決済情報使いつつ、不正利用者をかかったなバカがと討ちとるのがクレバーなやり方

  7. しっかりとキャンセル料をとればへるだろ

  8. アホな事業認可と異状な増車申請の緩和と事業者等の実質乏しい受け皿が露出されただけの当たり前の流れ
    このパターンで高速バスも空予約に迷御立腹とか?アホがろくにコストもかけずに穴だらけの抜け道だらけの合法の網で何ができると言うのかね?
    事態すら想定できない企業は毎度終いにゃマナーに訴えるけど、実際これらの企業が様々な企画に対してどれだけのことを利用者に周知をしてきたのか?
    そちらにマナーを問いかけたほうが早いんじゃねーの?