高さ230mの「屋外」展望台も! 渋谷の新名所、愛称は「渋谷スカイ」 2019年秋開業

渋谷駅の直上に設けられる超高層ビル「渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)」が2019年秋に開業することが決まりました。渋谷を一望できる展望施設も名称も記者会見で明らかにされました。

道玄坂一丁目駅前ビルは「フクラス」に

 東急グループは2018年11月15日(木)、渋谷駅とその周辺で進めている再開発プロジェクトのうち、渋谷駅直上のビル「渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)」の展望施設の名称を「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」に決めたと発表しました。

Large 01 img 3579

拡大画像

「渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)」の屋上などに設けられる展望施設の名称は、「SHIBUYA SKY」に決まった(2018年11月15日、草町義和撮影)。

「渋谷スクランブルスクエア第1期(東棟)」は高さ約230m、地上47階、地下7階の超高層ビル。これまでは2019年度の開業予定とされてきましたが、11月15日の記者会見で2019年秋の開業が発表されました。

「SHIBUYA SKY」と名付けられる展望施設は14階と45階、46階、屋上に設置されます。屋上の展望施設は渋谷で最も高い場所になり、東急グループは「360度一望できるパノラマビューを実現し、空と一体となる圧倒的解放感・浮遊感」を提供するとしています。15階に設けられる産業交流施設の名称は「SHIBUYA QWS(渋谷キューズ)」に。「QWS」は「問いの感性(Question with Sensibility)」にちなんでいます。

 このほか、道玄坂一丁目駅前地区の再開発事業で工事が進むビルも2019年秋の開業を予定。名称は「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」に決まりました。「『膨らす(膨らます)』という日本語から、渋谷および本ビルを訪れるすべての人々の幸福を大きく膨らませていきたい」という思いを込めたといいます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 02 img 3554
  • Thumbnail 01 img 3579

最新記事

コメント