京急大師線の産業道路駅、3月地下化 産業道路との踏切廃止

京急大師線の東門前~小島新田間が地下化へ。これに伴い、踏切3か所が廃止されます。

切替工事時間帯は大師線全線が運休

 京急電鉄は2018年12月3日(月)、大師線の東門前~小島新田間を2019年3月3日(日)から地下化すると発表しました。

Large 181203 kqsangyodoro 01
大師線・東門前~小島新田間の地下化イメージ(画像:京急電鉄)。

 川崎市の都市計画事業として2006(平成18)年に工事着手した「川崎都市計画都市高速鉄道京浜急行大師線連続立体交差事業」の進行に伴い、産業道路駅前後の約980mの区間を地下に切り替えます。

 これにより、産業道路第1踏切道を含む3か所の踏切が廃止され、平面交差が解消されます。

 地下化切替工事は、2019年3月2日(土)の終電後から翌3日(日)の朝10時ごろにかけて行われる予定です。工事時間帯は大師線全線で列車が運休し、バスによる代行輸送が行われます。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181203 kqsangyodoro 02
  • Thumbnail 181203 kqsangyodoro 01

最新記事

コメント