一部不通の大井川鐵道井川線、2019年3月全通へ

土砂崩れで不通になっている大井川鐵道井川線 閑蔵~井川間の運転再開日が決まりました。

運転見合わせから305日

 大井川鐵道は2018年12月6日(木)、土砂崩れのため不通になっていた井川線の閑蔵~井川間について、2019年3月9日(土)に運転を再開すると発表しました。

Large 181206 ooiikawa 01

拡大画像

土砂崩れで運休が続く井川線の終点 井川駅(画像:大井川鐵道)。

 同区間は5月8日、土砂崩れのため不通となり、以降、井川線は千頭~閑蔵間で折り返し運転を行っています。今回、復旧工事完了のめどがついたことから、運転再開の日が決まりました。

 同区間は運転見合わせから305日で復旧する見込みです。これにより井川線全線で運転が再開されます。大井川鐵道は「平成時代に間に合い、大井川鐵道全体が本来の姿を取り戻します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181206 ooiikawa 02
  • Thumbnail 181206 ooiikawa 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 日高本線や高千穂鉄道など、災害が直接の引き金になって鉄軌道が廃止されることがないような災害復旧制度が必要ですね。

    大井川鉄道も残ってもらいたいので乗りに行きます
    (そのためにも、もう女性限定的な取り組みはしないでほしい、以前やっていたことがあった)