次期特急車両、外観・車内とも「和」を表現 2019年末に試験走行車完成へ JR東海

JR東海が、ハイブリッド方式を採用する次期特急車両(試験走行車)のデザインを発表しました。

溶接箇所を減らした新型台車枠を採用

 JR東海は2018年12月12日(水)、特急「ひだ」「南紀」に使用しているキハ85系ディーゼルカーの置き換え用として開発を進めるハイブリッド式次期特急車両の試験走行車のデザインを発表しました。

Large 181212 jrchv 01
ハイブリッド方式を採用した次期特急車両(試験走行車)の外観イメージ(画像:JR東海)。

 同社によるとコンセプトは、飛騨、南紀地区をイメージした「和」といいます。特に外観は「漆器の持つまろやかさや艶のある質感」をコンセプトとし、先頭車の前面や上部、照明を滑らかな曲線形状とすることで「和」を表現。さらに車両の前面から側面につながるオレンジ色の帯を曲線にして「躍動感」を表現しています。

 車内は木目調の内装材を採用して「木のぬくもり」を演出。普通車は紅葉や祭り、花火をイメージした「明るいワクワク感」、グリーン車は新緑や川、夕暮れの紫の空をイメージした「落ち着いた上質感」がテーマといいます。

 各座席には電源コンセントが、客室には荷物スペースや防犯カメラが設置されます。

 安全性を高めるための新技術としては、車両下部の台車枠が現行の313系電車と比較して、重要溶接部を約6割削減した新型に。さらに台車の振動を常時監視し、異常を検知すると運転士に知らせる装置を搭載します。また、車両状態のデータを車両基地などに随時送信し、メンテナンスに活用するシステムも開発。これにより異常の発生を抑制するといいます。

 今回の新型車両は、エンジンで発電した電力と蓄電池に貯めた電力を組み合わせ、モーターを回して走ります。JR東海によると、2019年末に試験走行車が完成したあと、1年間をめどに基本性能試験や長期耐久試験などを実施。2022年度を目標に量産車を投入する方向で検討を進めているとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181212 jrchv 02
  • Thumbnail 181212 jrchv 03
  • Thumbnail 181212 jrchv 04
  • Thumbnail 181212 jrchv 01

最新記事

コメント