信貴生駒スカイライン、22日に全線復旧 先着で「レインボーラムネ」贈呈

台風による被災で一部区間が通行止めだった信貴生駒スカイラインが、全線復旧へ。再開に合わせて、先着で「レインボーラムネ」のプレゼントが行われます。

残り約4kmの区間が開通

 近鉄と近鉄レジャーサービスは2018年12月13日(木)、有料道路「信貴生駒スカイライン」が、22日(土)午前10時に全線で復旧すると発表しました。

Large 181213 skyline 01
信貴生駒スカイラインの地図。2018年12月22日に赤い区間が復旧する(画像:近鉄)。

 2017年秋、台風21号による大雨で道路の一部が損傷し、同年10月22日から生駒山上料金所~高安山付近の約12km区間が通行止めに。2018年7月1日には、このうち生駒山上料金所~十三峠駐車場付近の約8km区間が復旧し、残り約4kmの区間も復旧工事が進められていました。

 今回、復旧するのは十三峠駐車場付近から高安山付近までのあいだです。この区間が再開するのに合わせ、“幻のラムネ”ともいわれるイコマ製菓本舗の「レインボーラムネ」をプレゼントするイベントが行われます。対象は、開通時刻以降、聖天口料金所および信貴山門料金所で、1340円以上の通行券を購入した先着600台のクルマ(軽、普通、小型乗用車のみ)です。ラムネのプレゼントはなくなり次第終了します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント