新大阪駅は「近未来」に! 大阪メトロの2路線15駅刷新へ 中央線に新型も

大阪メトロが、御堂筋線9駅と中央線6駅をリニューアルします。「地下鉄に乗ることが目的化するような空間の創造」を目指すといいます。

御堂筋線9駅と中央線6駅をリニューアル

 大阪メトロ(Osaka Metro)は2018年12月20日(木)、御堂筋線9駅と中央線6駅をリニューアルすると発表しました。

Large 181220 oometstation 01
新大阪駅のイメージ。コンセプトは「近未来の大阪」(画像:大阪メトロ)。

 南北軸として御堂筋線を、東西軸として中央線を選定。可動式ホーム柵(ホームドア)の設置やベビースペースの整備などに加え、AR(拡張現実)アプリや多言語ロボットを活用した案内、駅での音楽ライブや映画上映なども計画に盛り込んでいます。

 対象駅は、御堂筋線が新大阪、中津、梅田、淀屋橋、本町、心斎橋、大国町、動物園前、天王寺、中央線が森ノ宮、谷町四丁目、堺筋本町、本町、弁天町、大阪港です。2018年度から2024年度にかけて、駅施設に300億円、中央線の車両(30編成)に295億円を投じます。

 駅施設をはじめとする地下空間は、「地下鉄に乗ることが目的化するような空間の創造」(大阪メトロ)をコンセプトとし、多様性あふれるデザインに刷新する方針です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(7枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. なんか箱物を造るってのがお役所発想な感じがしてならない、大丈夫か大阪メトロ。。。

  2. それよりも、車内LCD画面の両側設置にホーム柵設置の促進、古いままの駅内外の案内サインの一新など。。。先にやるべきことがたくさんあるのでは?実質”他社”ではあるがシティバスのバス停看板なんかも古びてわかりづらいものも多い。
    民営化されたからこそ、堅実に、ニーズに応えていただきたい。