布製タイヤカバー、その実力は 新「チェーン規制」に適合 「本来は緊急用」

タイヤチェーン必須の「チェーン規制」が、2018年度の冬から導入されます。その規制に適合するチェーンの種類には、金属や樹脂製チェーンのほか、「布製タイヤカバー」も含まれますが、どのくらい「使える」ものなのでしょうか。

取り付けかんたん、値段も手頃な布製タイヤカバー

 2018年12月14日(金)、国土交通省が「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令」(通称:道路標識令)を改正し、「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」の道路標識が新設されました。2018年度冬から全国13の指定区間において、大雪に対する緊急発表などが行われるような異例の降雪時に、「タイヤチェーン必須のチェーン規制」が実施されます。

Large 181218 chain 01

拡大画像

布製タイヤカバーを装着したクルマ(画像:federicofoto/123RF)。

 国土交通省は同日に「チェーン規制についてのQ&A」も発表。このなかで、規制に対応するチェーンについて、カー用品店などで販売されているものであれば問題ない(ただしスプレーのように薬剤を吹き付けるタイプのものは不可)とし、参考として次のような種類を挙げています。

・金属チェーンタイプ:金属製のチェーンやワイヤーの製品
・ウレタン&ゴムチェーンタイプ:ゴムなどの樹脂製の製品
・布製カバータイプ:アラミドなどの特殊合成繊維製の製品

 カー用品店「オートバックス」を展開するオートバックスセブンによると、このなかで最も簡便なのが「布製カバータイプ」とのこと。どのような製品なのか同社に聞きました。

――布製のタイヤカバーとは、どのような商品なのでしょうか?

 タイヤにカバーをかぶせる形で使用でき、金属チェーンや樹脂製チェーンなどと比べてコンパクトで軽量です。当社では(株)エフ.イー.シーチェーンさんが輸入している「オートソック」という商品を取り扱っており、軽自動車用は9300円から、普通・小型乗用車用は1万2000円からとお求めやすい価格になっています。

※ ※ ※

「オートソック」の場合、まず駆動輪に半分かぶせ、クルマを動かしてタイヤを半回転させ、残りをかぶせれば装着完了です。オートバックスセブンによると、タイヤとボディーのあいだが狭くチェーンが付けられない(チェーンがボディーをこすってしまう)車種にも使えるほか、ふだんは折り畳まれて袋に収納されているため、トランクに入れてもかさばらないといいます。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181218 chain 04
  • Thumbnail 181218 chain 01
  • Thumbnail 181218 chain 02
  • Thumbnail 181218 chain 03

最新記事

コメント