「ポートストア」のナゾ 港のコンビニ、どう見ても「ローソン」「ファミマ」

東京や横浜の港湾地区に、「ポートストア」と呼ばれるコンビニがあります。店の名こそ「ポートストア」ですが、売り物や看板のデザインはどう見ても、「ローソン」または「ファミリーマート」という、ちょっと不思議な店舗です。

ローソンいわく「『ローソン』の店舗です」

「お台場」の一角をなす東京都江東区の青海地区に、「ポートストア」と呼ばれるコンビニエンスストアがあります。

Large 190409 portstore 01
「ローソン」のような「ポートストア」(2019年4月、中島洋平撮影)。

 このコンビニ、外観にちょっと妙な点が。店名こそ「ポートストア」であるものの、看板や「PORT STORE」というロゴの書体まで、「ローソン」そっくりなのです。店内の品揃えなども、ほぼローソンといった感じで、商品を購入したレシートには、やはりローソンのロゴが印刷されています。

 ローソンのウェブサイトで「ポートストア」というキーワードを入れて店舗検索してみると、「ローソン ポートストア〇〇店」あるいは「Sポートストア〇〇店」という名称の店舗が東京都内に6軒ヒット。現地の店名は違うものの、これらはやはり「ローソン」なのでしょうか。

 ローソン広報室によると、「『ローソン ポートストア○○店』は、弊社の店舗です。この名が付く店は2002(平成14)年にオープンし、店舗数を順次拡大してまいりました」とのこと。

 ただ、「ポートストア〇〇店」といった名のコンビニは、ローソンだけではありません。同じ江東区の臨海部に位置する若洲地区などには、ほぼ「ファミリーマート」に近いものの、店名だけが「PORT STORE」となっている「ファミリーマート ポートストア〇〇」もあるのです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190409 portstore 03
  • Thumbnail 190409 portstore 01
  • Thumbnail 190409 portstore 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 話としては面白いが、旅客船ターミナル内にあるとかならともかく、公道に面した店を乗り物として取り上げるのは拡大解釈が過ぎる。

  2. 乗り物と関係ねーよ