橋はあるのにみんな船通勤!? しまなみ海道の下の「渡し船銀座」1日数百往復!

広島県尾道市では、本土と海峡を隔てた向島とのあいだで、渡し船が頻繁に運航されています。50年前に島への橋ができたにもかかわらず、渡船はいまも欠かせない地元の足。本数もスゴイです。

狭い海峡を結ぶ尾道の渡船

 広島県尾道市の南側に、向島(むかいしま)と呼ばれる島があります。「島」とはいっても、1万6000もの人口があり、大規模なスーパーや量販店が立ち並びます。

Large 190130 onomichi 01

拡大画像

向島側にある駅前渡船の富浜港。江尻川の真ん中に突き出す桟橋に接岸する(oleolesaggy撮影)。

 JR尾道駅などがある本土側とのあいだには、「尾道水道」という幅300mもない海峡が長く伸び、その海峡をひっきりなしに小さな渡し船が行き交っています。2019年1月現在で就航している渡し船は3社あり、朝のラッシュ時などは、ほとんど常に、海峡のどこかで渡し船が動いている状態です。

 3社でそれぞれ異なる航路を受け持ち、住み分けができています。1日を通じて賑わいを見せるのは、発着ターミナルの利便性が良い「駅前渡船(向島運航)」です。尾道側の港は、尾道駅とペデストリアンデッキ(空中歩道)で直結しています。向島側の富浜港も、市役所の向島支所や量販店に近く、島内のバスもほとんどがこの港を経由します。

 通勤・通学に重宝されるのは「福本渡船(福本フェリー)」です。本土側では尾道駅から東に徒歩5分ほどの桟橋に、向島側では江尻川の河口に位置する小歌島(おかじま)港に発着。向島側のバスとの接続はよくないものの、運賃が他社より安いことから利用が多く、島の中高生や造船所の通勤客などで、港は朝から人だかりです。

 最も東側の航路を取るのは「尾道渡船」で、1984(昭和59)年までは通称「公営渡船」として自治体の出資で運航されていました。本土側は市役所近くに、向島側では兼吉地区に発着し、同地区の重要な足となっています。どちらの港も渋滞に巻き込まれにくいこと、駅前渡船は自動車を積載できないことなどから、福本渡船と並んで自動車や貨物の利用も多いのが特徴です。

 運賃は、福本渡船が片道60円、ほか2社は100円。3社とも旅客運賃プラス10円で自転車を運べるため、それぞれの需要に合わせて利用されています。福本渡船と尾道渡船は自動車も運ぶことができ、全長4m車の運賃はそれぞれ90円、120円です。

テーマ特集「新生活に役立つ! 通勤ラッシュの乗り越え方から「座れる列車」「高速バス通勤」まで」へ

【地図】尾道海峡の渡し船3航路のルート

【秋の行楽に】飛行機予約はお得なスカイチケット!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190130 onomichi 04
  • Thumbnail 190130 onomichi 05
  • Thumbnail 190130 onomichi 01
  • Thumbnail 190130 onomichi 02
  • Thumbnail 190130 onomichi 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. しまなみ海道が開通した頃って、各航路が下火になる予想は付いていただろうが、後にこういった「サイクリストの聖地」として渡船の利用が見直されることになるとは誰が思っただろうか!