「みさきまぐろきっぷ」人気のワケ 京急の高コスパ企画乗車券「電車ならでは」の魅力

京急の「みさきまぐろきっぷ」が人気です。電車・バス乗車券と施設優待券、そして「三崎マグロ」を堪能できる食事券がセットになった「コスパが良すぎる」企画乗車券。その魅力は価格だけではないようです。

魅力は「価格」だけではない

 京急の駅などで販売されている企画乗車券「みさきまぐろきっぷ」の人気が高まっています。

Large 190418 maguro 01
河津桜が咲く三浦海岸~三崎口間を走る京急の列車(画像:京急電鉄)。

「みさきまぐろきっぷ」は、三崎口駅(神奈川県三浦市)までの京急線往復乗車券(京浜急行バス指定区間の乗り放題付き)、「三崎マグロ」で有名な三浦市内の加盟飲食店で使えるマグロ料理の食事券、さらに周辺の施設利用券がセットになった商品。発売した2009(平成21)年度の販売枚数は年間約1万6000枚でしたが、2017年度には20万枚を突破しています。

 値段は乗車する駅により異なりますが、たとえば品川駅での販売価格は3500円(大人)です。品川~三崎口間の往復運賃は大人1860円、施設優待券の対象となっている施設のひとつ「京急油壺マリンパーク」の入場券は大人1700円なので、これだけでも元が取れてしまいます。さらに「まぐろまんぷく券」という食事券で、加盟店が用意する「まぐろてんこ盛り丼」や「まぐろ地魚丼&湘南釜揚げしらす蕎麦セット」といったメニューが食べられるほか、指定区間の路線バスも乗り放題です。

 京急電鉄によると、「お得な金額設定こそが最大の魅力」といいますが、人気の秘密はそれだけではないようです。詳しく話を聞きました。

――「みさきまぐろきっぷ」は、どのような点が人気なのでしょうか?

 施設優待券でアクティビティやお土産もまかなうことができ、「このきっぷさえあれば三浦・三崎を楽しめる」というわかりやすさも魅力のひとつです。以前は駅の窓口で購入していただく必要があったのですが、2014(平成26)年度に駅の自動券売機で買えるようにしたところ、発売枚数が倍増しました。「価格」「商品としてのわかりやすさ」「思い立ったらすぐに駅で購入できる気軽さ」そして「現地の魅力」、この4つがご愛顧いただけている理由ではないかと考えております。

【画像】けっこう広い! 「みさきまぐろきっぷ」の対象エリア

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190418 maguro 04
  • Thumbnail 190418 maguro 05
  • Thumbnail 190418 maguro 01
  • Thumbnail 190418 maguro 02
  • Thumbnail 190418 maguro 03

最新記事

コメント