都バスの新顔「フルフラットバス」導入進む 人が中で詰まる路線バスの課題解決なるか

都営バスの新型車両「フルフラットバス」が登場し、半年が経ちました。車内後方に段差が存在する従来型「ノンステップバス」の課題を解決し、最後部付近まで床面をほぼフラットにしたこのバス、都内で増えています。

「段差なし」「奥まで詰めやすい」がメリット

 都営バスで、「フルフラットバス」と呼ばれる新型車両が徐々に増えつつあります。前扉から最後部座席付近まで通路の段差をなくしたバスで、2018年12月に東京都交通局が日本で初めて導入したものです。

Large 190509 scania 01

拡大画像

小滝橋車庫と新橋駅前を結ぶ「橋63」系統のフルフラットバス(2019年4月、乗りものニュース編集部撮影)。

 都営バスで主流の「ノンステップバス」は、前扉から中扉付近までは段差がないものの、そこから車内後方にかけては段差があり、床が少し高くなっています。エンジンなどの位置関係によるものですが、フルフラットバスはエンジンルームを車体の背面へ垂直に配置することで、段差を解消しました。なお、一般的な日本の路線バス車両は国産ですが、フルフラットバスはスウェーデンのスカニア製です(車体の製造はオーストラリアのボルグレンが担当)。

 フルフラットバスに期待されている役割は、大きくふたつ。ひとつは車内混雑の緩和です。車内の中ほどに段差のあるノンステップバスでは、立っている人が段差の手前に留まる傾向があり、前方ばかりが混むことで乗降に時間を要し、遅れにもつながっていました。

 もうひとつは、段差につまずくことによる転倒の防止。いわゆる「団塊の世代」が75歳以上の後期高齢者となる「超高齢化社会」に突入する2025年を見据え、路線バスの安全性を高める狙いがあります。

 東京都交通局が2018年12月、初めてフルフラットバスを導入したのは、大塚駅と錦糸町駅を結ぶ「都02」系統でした。乗客の多さは都営バスでもトップクラスの系統で、東京都交通局によると、高齢の利用者も多く、フルフラットバスの導入で効果が期待できる路線のひとつとして選んだそうです。

【写真】フルフラットバスの車内

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190509 scania 03
  • Thumbnail 190509 scania 04
  • Thumbnail 190509 scania 05
  • Thumbnail 190509 scania 06
  • Thumbnail 190509 scania 07
  • Thumbnail 190509 scania 01
  • Thumbnail 190509 scania 02

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 駆動系による車内の凸凹はある程度は容認すべきだろ
    とは言っても強引に突貫で免税向けに設計した車内はワンステップより危険だからね。
    要は何処かで一定面積が平らで低ければいいだけの話で何とも誰が為のバスなんだか意味が分からんね
    因みにエンジン他の駆動系を横に配列して客室面積を稼いだバスは日本メーカーにも存在したが、プロペラシャフトを対角線上に配置したり更にデフを小型化した実に面白い作りだったのに当時の生産コストか?整備性の問題からメーカーも生産から撤退してしまった。
    このスカニア車も行く末は同じなんじゃないかな?

    • 国産メーカーと違って、ここは標準仕様で『マニアック』な動力系を用意してるってのが今までとは違うところ。
      さてどう転ぶか興味深い。

    • 日本製でフルフラットが敬遠された理由として、
      いくつかあるけども…
      ●中扉後方の立ち上がりが急坂過ぎた
      ●当時はオートマ車に抵抗がある事業者も多かった
      ●関連してオートマの製造元が当時としては疑問符のつく外国製だった
      ●その外国製変速機など込みで価格も高かく整備性も特殊だった。

      そこで登場したのが尼崎市式ノンステ。
      日デと西工協力のもとで前中扉間は限界まで床高下げでノンステ化。
      中扉から後方はツーステ低床そのまま。

      若干高くなるとはいえ安いノンステ、
      マニュアル車、駆動系は従来通り。

      この尼崎市式ノンステを標準ノンステにしたのが、
      良くも悪くも日本のノンステを完成させてしまったと…