ANA、国内線普通席&プレミアムクラスに新シート! 全席モニター、席ごとに異なる柄

ANAが国内線普通席、プレミアムクラスに新シートを導入。全席にタッチパネル式モニターの設置、座り心地を追求したトヨタ紡織との共同開発、重厚感のあるデザインといった点が特徴です。またプレミアムクラスが増席されます。

国内線プレミアムクラスの新シートは重厚感!

 ANA(全日空)が2019年5月29日(水)、国内線プレミアムクラス、普通席に導入するパーソナルモニター付きの新しい座席について発表しました。対象は中・大型の国内線主力機であるボーイング777-200型機8機と、ボーイング787-8型機11機。2019年秋から2022年度上期にかけて順次、導入されます(国内線普通席シートモニターはANA一部小型機材に装着済み)。

Large 190529 anaseat 01

拡大画像

ANAが国内線に導入する新シート。左がプレミアムクラス、右が普通席のもの(2019年5月29日、恵 知仁撮影)。

 プレミアムクラスの新シートには、快適性や機能性が向上したというSAFRAN社製のものを導入。また国内線最上位クラスとして、シート全体の質感や色柄、ファブリックなどについて、より重厚感のあるデザインにしたそうです。

 タッチパネル式パーソナルモニターは、ANAの国内線中・大型機では最大サイズの15インチ。操作性が向上しているほか、国内線機内Wi-Fiエンターテイメントとしてビデオ番組やオーディオ番組、電子書籍など約190コンテンツを高画質で楽しめるといいます。

Large 190529 anaseat 02 Large 190529 anaseat 03 Large 190529 anaseat 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

重厚感のあるデザインにしたというプレミアムクラスの新シート。
収納式サイドテーブルは近くに電源があり、スマホ充電に便利。
15インチのタッチパネル式パーソナルモニター。

 シートは、座り心地など快適性を追求したという電動リクライニング式。ペットボトルなどが収納できる座席横の小物入れや、90度に回転する大型テーブル、収納式サイドテーブル、座席間の大型ディバイダー(仕切り)を用意してパーソナルスペースの拡充、プライベート空間の確保をはかったとのこと。PC電源、USB充電ポートもあります。

 また新シートの導入にあたって国内線プレミアムクラスが、ボーイング777-200型機は21席から28席へ、ボーイング787-8型機も12席から28席へ増席される予定(普通席はそれぞれ384席から364席、323席から284席に)。ANAの平子裕志社長によると、プレミアムクラスの搭乗率が普通席より高いことから増席することにしたそうです。

テーマ特集「【飛行機特集】航空券の予約術や座席選びのコツ、最新のグレードや料金事情を徹底紹介! 格安のLCC情報も!」へ

【写真】国内線でも大きなシートモニター! ANAの新座席

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント