九州南部の大雨、JR吉都線で土砂流出 バス輸送を実施 復旧には時間を要する見込み

小林~西小林間で線路下の土砂が流出。列車を運行できない状態に。

 九州南部で降り続いている大雨の影響で、2019年6月30日(日)の夜より、吉松駅(鹿児島県湧水町)と都城駅(宮崎県都城市)のあいだで運転を見合わせているJR九州の吉都線。このうち小林~西小林間で線路下の土砂流出が発生し、復旧には時間を要する見込みです。

Large 190704 kitto 01
線路下の土砂が流出した吉都線(画像:JR九州)。

 JR九州は7月4日(金)、この運転見合わせにともなうバス輸送を、吉松~都城間で実施すると発表しました。期間は7月8日(月)から12日(金)と、16日(火)から19日(金)までのあいだ。20日(土)以降については、復旧作業の状況などを踏まえ、バス輸送を行う場合は改めて発表するとしています。

 バスの運転時刻は現在、検討中とのこと。同区間を含む有効な定期券、回数券、普通乗車券を持っていれば利用できます。JR九州は「道路状況等により、発着が遅れる場合やバス相互間や列車への接続が行えない場合がありますので、あらかじめご了承ください」としています。

【了】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント