座って乗れる「低速電動ウィールチェア」Luupが開発 高齢者もラクラク移動、最高6km/h

誰でもすぐ乗れる!

Large 190705 luup 01
新機体の試乗の様子(画像:Luup)。

 電動キックボードのシェアリング事業を展開するベンチャー企業Luupは2019年7月3日(水)、座って乗れる新機体「低速電動ウィールチェア」(仮称)を発表しました。

 同社は、今後の人口減少時代も、公共交通機関と目的地などを結ぶ「ラストワンマイル」の交通手段を確保していくため、電動マイクロモビリティ(軽自動車よりも小さい超小型の乗りもの)のシェアリングサービスの社会実装を目指しています。3日(水)に経済産業省主催のもと行われた「多様なモビリティの普及促進のための展示・試乗会」では、トヨタ、日産、ホンダ、パナソニック、ブリヂストンなどとともにLuupも参加しました。

 今回発表した機体は三輪で安定性が高く、最高速度は6km/hで、歩行空間での使用も可能。心肺機能に障害のある人や足腰の弱くなった高齢者など、長距離の歩行が難しい人でも簡単に移動できるよう想定してつくられた乗りものです。地面を蹴る必要がないため、誰でもすぐに乗れるといいます。

 Luupは各自治体や他企業との実証実験を進め、より安全・快適で最適な電動マイクロモビリティの社会実装の形を探っていくとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190705 luup 02
  • Thumbnail 190705 luup 01

最新記事

コメント