あおなみ線開業15周年 10月にイベント開催 ヘッドマークデザイン募集も

名古屋臨海高速鉄道が、あおなみ線の開業15周年を記念してイベントを開催。車庫開放イベントやグッズ販売、車両に取り付けるヘッドマークデザインの募集などを行います。

企画が目白押し

 名古屋臨海高速鉄道は2019年7月3日(水)、あおなみ線の開業15周年を記念して、10月6日(日)にイベントを開催すると発表しました。

Large 190709 aonami15th 01
ヘッドマークの取り付けイメージ(画像:名古屋臨海高速鉄道)。

 あおなみ線は2004(平成16)年10月6日、貨物線を旅客化し開業しました。開業日にあわせて10月6日(日)に潮凪車庫(名古屋市港区)が開放され、車庫見学や鉄道グッズの販売などが行われます。

 また、沿線に在住または通園・通学している幼児と小中高生を対象に、あおなみ線の車両に取り付けるヘッドマークのデザインを、8月31日(土)まで募集。それぞれの年代の最優秀作品が、10月初旬から期間限定で車両に取り付けられます。

 さらに、名古屋駅にある「あおなみギャラリー」で、過去に使用されたヘッドマークデザインなどとともに展示される予定です。

 ほかにも、天体観望会など記念イベントを開催予定。内容は決まり次第、順次発表されます。

【了】

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

この記事の写真一覧

最新記事

コメント