引退したカーフェリーが「ヤフオク!」に 買い手はつくのか?

国内航路から引退したカーフェリーが、インターネットのオークションサイト「ヤフオク!」に出品されています。出品者によると、フェリーの出品はこれが初めてではないそうです。

実は船の出品も多い「ヤフオク!」

 国内の旅客航路から引退したフェリーが、2019年8月1日(木)現在、インターネットのオークションサイト「ヤフオク!」に出品されています。

Large 190726 yahuoku 01
「ヤフオク!」に出品されている元「フェリーみしま」。現役時代の外観は白1色だったが、現在は白と青のツートンに塗られている(画像:MOマリンコネクション)。

 その船は1991(平成3)年製の元「フェリーみしま」です。大三島ブルーライン(愛媛県今治市)が今治と大三島、岡島村(いずれも今治市)、大崎上島(広島県大崎上島町)を結ぶ航路で運航していましたが、2019年4月に新造船へ置き換えています。その先代の船が今回出品されているもので、オークションの開始価格は2860万円です。

 出品者は海運仲立業のMOマリンコネクション(兵庫県芦屋市)で、現在の船主からの依頼で代行しているそうです。実は「ヤフオク!」では、小さなボートから漁船、クルーザー、業務用船まで数多くの船が出品されています。MOマリンコネクションによると、さすがにフェリーは珍しいといいますが、同社でもフェリーを出品するのは、これが初めてではないといい、中古船の販売サイトにも出品しているとのことです。

 MOマリンコネクションによると、今回の船は213総トンという規模からしても、飛びついて入札する人は少ないと思われるものの、「まずは売り出していることを知ってもらえれば」と話します。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. ちょっとしたゴムボート感覚で出品か

  2. 小型船舶免許じゃ乗れないじゃないですかやだー。

  3. 日本の中古船が人気なのはバブル期に建造された船舶の話で今のイカサマ新造船は高くは売れないので売却期を早めるしかないだろうね
    船舶への排ガス規制が追々だったことに胡座をかいてきた業界が今は規制の煽りで悲鳴をあげてるのも事実だろうがこれ以上の運賃値上げの理由にはならんし、どうせ互いに提携しにくい海運と陸運なら高速割引全盛期に海運なんて潰しちまえばよかっただろうに
    己の会社の船を高く売却して新造船を安く建造する悪循環なら海運業なんて必要ないだろ、卑しい二心はろくな結果を生まないからな