JR九州最上級ホテル「THE BLOSSOM HIBIYA」に泊まった 高層階から東京の絶景、N700系

JR九州ホテルズが新たに展開する、同社最上級の宿泊主体型ホテル「THE BLOSSOM」。その最初の施設である「THE BLOSSOM HIBIYA」へ実際に宿泊したところ「トレインビュー」も可能で、高層階の部屋には東京の絶景が待っていました。

JR九州グループ最上級の宿泊主体型ホテル

 JR九州ホテルズが、同社最上級ブランドとなるアッパーアップスケールの宿泊主体型ホテル「THE BLOSSOM(ザ・ブラッサム)」を新たに展開。2019年8月20日(火)、その嚆矢(こうし)として東京都心に「THE BLOSSOM HIBIYA(ザ・ブラッサム・日比谷)」をオープンさせます。

Large 190817 hibiya 01

拡大画像

「THE BLOSSOM」のブランドコンセプトは「この旅に、この地にひらく感動の花を。」(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 人口減少時代、JR九州グループは九州エリアを地盤としつつも、そこだけでは事業展開に難しさがあるなか、ホテルであればさまざまな場所へ進出できる、というところから誕生するものです。

山手線の内側、JR新橋駅から約5分

 全255室のそのホテルへ、オープン前に試泊することができました。

Large 190817 hibiya 02

拡大画像

「THE BLOSSOM HIBIYA」の外観(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 場所はJR新橋駅から北西、日比谷公園のほうへ歩いて約5分。地上27階建ての建物の、18階から27階が「THE BLOSSOM HIBIYA」です。

展望台のようなロビー

Large 190817 hibiya 03

拡大画像

「THE BLOSSOM HIBIYA」ロビーからの眺望。東京タワーなどが見える(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 フロントがある18階でエレベーターを降りると、印象的だったのは開放感。高い天井、大きな窓、その向こうには東京タワーや虎ノ門ヒルズといった都会の大パノラマが広がっていました。

明治時代、鹿鳴館があった地

Large 190817 hibiya 04

拡大画像

「THE BLOSSOM HIBIYA」のロビー・フロント(2019年8月、恵 知仁撮影)。

 ホテルがあるエリアは、明治時代に鹿鳴館が設けられた古今東西の歴史や文化が交わる場所、ということから、そのデザインコンセプトは「世界・日本・九州を繋ぎ、人・歴史・文化の集うホテル」だそうです。

【地図】SL広場の先 「THE BLOSSOM HIBIYA」の場所

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント