これが霊柩車? 「らしくない」ミニバンタイプが増加中 見た目の特別感は不要なのか

一見して霊柩車とは思えない、ミニバンタイプの霊柩車が増えています。ひと目見て葬儀を連想させる、いわゆる「宮型」の霊柩車は数を減らしていますが、リムジンのような洋風タイプの霊柩車すら、選ばれなくなっている傾向があります。

霊柩車に注力の光岡、「ミニバンタイプ7割」

 もはや霊柩車は、「霊柩車に見えない」ことが、ひとつのトレンドとなりつつあるかもしれません。

Large 190830 mitsuoka 01

拡大画像

光岡の新型霊柩車「プレミアムフュージョン」(画像:光岡自動車)。

 クラシックカーのような見た目の乗用車で知られる光岡自動車が、近年、霊柩車の製造に力を入れています。2019年8月には新型の霊柩車「プレミアムフュージョン」を発表しました。トヨタ「アルファード」をベースにした車両で、従来型の「フュージョン」よりも上質な内装が特徴とのことですが、一見して霊柩車とは思えないような外観です。

 そもそも霊柩車といえば、車両に神輿が付いたようないわゆる「宮型」の車両をイメージするかもしれませんが、これは「見る人にどうしても葬儀を意識させてしまう」などの理由で自治体が乗り入れを禁止しているケースもあり、近年激減しています。代わって普及したのが、欧米で見られる高級リムジンなどを改造した「洋型」の霊柩車です。

 光岡自動車が近年になり霊柩車の製造へ本格的に参入したのも、同社のクラシカルな乗用車が改造されて霊柩車として使われるケースがあったためだそうです。しかし、実際に販売台数の伸びが大きいのは洋型ではなく、今回のようなミニバンタイプだといい、同社の霊柩車の7割を占めるそうです。

 ミニバンタイプは、葬儀社にとって使い勝手のよい車両だと光岡自動車は話します。「霊柩車と搬送車、どちらにも見えますし、実際そのように使える点が喜ばれています」とのことです。なお「霊柩車」とは、葬儀場から火葬場へ遺体を運ぶクルマ、つまり故人が最後に乗るクルマのことであり、病院などから自宅へ、あるいは自宅から葬儀場まで遺体を運ぶクルマは「搬送車」と呼ばれます。

 もうひとつ、ミニバンタイプが増える理由として全国霊柩自動車協会(東京都新宿区)が挙げるのが、葬儀単価の下落です。

「霊柩車は種類によって運賃が異なり、洋型はミニバンタイプに比べて3倍くらい高いです。家族葬など小規模な葬儀が増えるなか、安いミニバンタイプの霊柩車を使って葬儀コストを下げる傾向があります」(全国霊柩自動車協会)

 特に低価格をウリにする新規参入の葬儀社では、ミニバンタイプの霊柩車しか所有していないケースもあるそうです。

【写真】霊柩車らしくない霊柩車の「見分け方」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190830 mitsuoka 03
  • Thumbnail 190830 mitsuoka 04
  • Thumbnail 190830 mitsuoka 05
  • Thumbnail 190830 mitsuoka 06
  • Thumbnail 190830 mitsuoka 01
  • Thumbnail 190830 mitsuoka 02

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 先月身内の葬儀の際はロングストレッチのプリウスだった。
    あんな異様な改造車が来たら、いくら宮型でなくても強烈に意識されるよ。

  2. 最近ウイングロード?ADバン?の霊柩車を見なくなった