全国1位! 行列のできる「道の駅北浦街道豊北」 海辺の駅で地魚や焼きたてパンを

旅行サイト「トリップアドバイザー」が行った「旅好きが選ぶ!道の駅ランキング2018」で、全国1位に輝いた「道の駅北浦街道豊北」。獲れたての地魚メニューが楽しめるレストランは、平日でも行列ができる人気ぶりです。

仲買人の免許を持つ社員が魚介類を仕入れる

【本記事は、旅行読売出版社の協力を得て、『旅行読売』2019年9月号に掲載された特集「一度は食べたい! 買いたい! 行列のできる道の駅」内の記事を再構成したものです】

※ ※ ※

 月曜の11時。道の駅北浦街道豊北のレストランでは、券売機に30人ほどの行列ができていた。すでに120席あるテーブルは満席で、平日とは思えない。

 「7周年を迎え、おかげさまでリピーターも増えています。ただ週末は、駐車渋滞でご迷惑をおかけしています」と、駅長の藤野亘さんは申し訳なさそうに話す。

Large 190829 ryhouhoku 01
大水槽で生きたまま売っている魚に客も大興奮(森田公司撮影)。

 ここは山口県北西部の日本海沿い。話題の角島(つのしま)大橋から南へ5kmほどにある。最寄りの中国道下関ICからも1時間ほどかかり、決して訪れやすいとはいえない。それでも多い日は3000人~5000人が訪れ、駐車場は10回転もするという。

 冒頭で触れたレストランは、そんな客のお目当ての一つ。地元・特牛(こっとい)港に揚がる地魚を中心にメニューは47種あり、窓の外は一面の海。角島大橋を全席から望める。

 一番人気は、おまかせ海鮮丼(1800円)だ。当日の水揚げにより魚が変わるから「おまかせ」。この日はタイ、ヒラマサ、イカ、ハマチ、ウニなど9種。特にイカは地元の北浦海域で水揚げされる剣先イカで、「特牛イカ」と呼ばれる高級ブランドだ。肉厚で軟らかい身は甘みも濃厚。一杯丸ごと味わえる「いか活き造り(2800円)」もある。

 仲買人の免許を持つ社員がいるので、魚介類は特牛港などから直接仕入れている。「ほうほく夢市場」では販売もし、値段は仕入れやサイズで異なり、取材日(6月24日)はアジ8尾280円、カマス2尾309円~、ウルメイワシ3尾190円など。小エビは20尾以上入って380円で、サザエは12個で755円~。

「刺し身や3枚下ろしもしますよ。海士(あま)が潜って獲るウニやアワビもおすすめ」と、鮮魚担当の有田勝秀さんが教えてくれた。調理代は3枚下ろしが2枚100円で、刺し身が希望なら300円。

【写真】一番人気の「おまかせ海鮮丼」と「しらす丼」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 04
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 05
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 06
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 07
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 08
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 09
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 10
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 11
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 01
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 02
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 03
  • Thumbnail 190829 ryhouhoku 12

最新記事

コメント