手続き・保安検査がより円滑に 新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」伊丹空港に導入

ANAが伊丹空港に、搭乗までの流れを分かりやすく円滑にする新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を順次導入。「スマートレーン」や「インライン・スクリーニングシステム」などで待ち時間の短縮などを図ります。

新機器導入で待ち時間短縮へ

 ANA(全日空)は2019年9月2日(月)、空港到着から搭乗までの流れを分かりやすく円滑にする新搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を伊丹空港に順次導入すると発表しました。

 導入は羽田、新千歳、福岡、那覇に次いで5か所目です。「ANA FAST TRAVEL」は分かりやすい手続きや、待ち時間の極小化を目的としたスムーズな搭乗スタイルといいます。

Large 190902 anaitmfasttravel 01

拡大画像

伊丹空港のANA出発カウンターのイメージ(画像:ANA)。

 3日(火)にはプレミアムクラス利用客向け、上級会員向けのチェックインカウンターが室内型「ANA PREMIUM CHECK-IN」としてリニューアル。専用の保安検査場を設け、ラウンジにも直結します。

 11月は保安検査場をリニューアル。同時に複数の客が検査レーンを利用できる保安検査機「スマートレーン」を設置し、待ち時間の短縮を図ります。

 2020年3月は、カウンターで手荷物を預けたあと、飛行機に搭載されるまでに自動的に手荷物の安全性検査が実施される「インライン・スクリーニングシステム」を導入。これまで手荷物を預ける前に行われていた安全性検査が、預けた後に実施されるため、待ち時間が短縮されます。

 同年夏には出発カウンターのレイアウト変更とデザインをリニューアル。あわせて自動手荷物預け機「ANA Baggage Drop」を8台導入するほか、障害のある人や子ども連れの人、搭乗に際し手伝いが必要な人が利用できる室内型「Special Assistance」カウンターが開設される予定です。

【了】

【画像】設置される自動手荷物預け機

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190902 anaitmfasttravel 02
  • Thumbnail 190902 anaitmfasttravel 03
  • Thumbnail 190902 anaitmfasttravel 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 保安検査がスマートになっても、
    出発の20分前までに通過しないいけなくなるから、保安検査場から搭乗までの時間が伸びることに変わりないんですよ
    この導入により15分前までに戻してくれれば別だが。
    旅客視点に立つと意味薄いよね