七尾線に521系電車 2020年秋登場 413系415系置き換え 車載型でICOCAエリア拡大 JR西日本

JR七尾線の津幡~七尾間に、521系電車が導入。IRいしかわ鉄道の金沢~津幡間も含まれます。521系電車のラインカラーは、北陸本線のデザインを継承しつつ、輪島の漆塗りを連想させる茜色です。車載型IC改札機が設置されます。

ラインカラーは茜色

 JR西日本金沢支社は2019年9月10日(火)、七尾線に521系電車を導入すると発表しました。

Large 190910 nanao 01

拡大画像

七尾線に導入予定の521系電車のイメージ(画像:JR西日本 金沢支社)。

 七尾線で使われている413系電車や415系電車は、2020年秋ごろから521系電車へ順次置き換えられます。導入予定の車両数は計30両(2両編成が15本)です。IRいしかわ鉄道の金沢~津幡間を含む、金沢~七尾間で運行されます。

 車両は、北陸本線で運行している521系電車のデザインを継承。ラインカラーは、現行の七尾線を走る413系電車や415系電車と同じ、輪島の漆塗りを連想させる茜色です。

 すべての車両が521系電車に置き換わると、IC乗車券「ICOCA」エリアが拡大。石川県内のJR全線で「ICOCA」の利用が可能になります。サービスの開始は2021年春を予定しています。

【了】

【画像】車載型IC改札機が設置されます!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190910 nanao 02
  • Thumbnail 190910 nanao 03
  • Thumbnail 190910 nanao 04
  • Thumbnail 190910 nanao 01

最新記事

コメント