実稼働エリアでトーイングトラクター自動走行 ANAと豊田自動織機、佐賀空港でテスト

ANAと豊田自動織機が佐賀空港でトーイングトラクター自動走行の実証実験を行います。制限エリア内の実際に飛行機に積み込むルートを走行。実用化に向け、中部空港での実験も計画されています。

2020年1月からは中部空港で

 ANA(全日空)と豊田自動織機は2019年9月24日(火)、佐賀空港の制限エリア内で貨物コンテナをけん引する「トーイングトラクター」の自動走行の実証実験を行うと発表しました。

Large 190927 hsg 01
2019年3月に佐賀空港で行われた実験の様子(画像:ANA)。

 実験は9月30日(月)から10月11日(金)まで2週間行われます。飛行機が駐機・走行し、地上支援車両が行き来する実稼働エリアで、利用者の預け手荷物や貨物を搭載し飛行機まで運搬するルートを実際に走ります。

 佐賀空港では、2019年3月に車両の通行などを想定した専用空間を設け、国内初という自動走行技術の検証を行いました。

 ANAによると、この佐賀空港の実験結果をもとに改善を加え、2020年1月から2月にかけて中部空港で実証実験を行う予定。飛行機の離発着便数や車両の行き来が多い条件で自動走行技術を検証し、2020年中に実用化を目指すとのことです。

【了】

【画像】2020年の実用化を目指す自動走行トーイングトラクター!

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント