JALエアバスA350-900就航! 地区支配人が語る、羽田~福岡線デビューが「自然」な理由

JAL新導入のエアバスA350-900型機が羽田~福岡線に就航しました。福岡発初便セレモニーにJAL九州・山口地区支配人が登場。この地域に「JALの新しい福岡の顔」として同型機が導入された理由を話しました。

福岡空港で就航セレモニー

 JAL(日本航空)は2019年9月1日(日)、羽田~福岡線で国内線最新鋭機「エアバスA350-900型機」の運航を開始。福岡空港では、福岡発、羽田行きの初便となるJL318便の出発にあわせ、就航セレモニーを開催しました。

Large 190901 fuk 01

拡大画像

JL318便として出発するA350-900初号機(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 初便に使われたのはA350-900型機のJAL初号機(機番:JA01XJ)です。「『挑戦』のレッド」をテーマにした特別塗装機で、機体後部には赤い字で「AIRBUS A350」と大きく書かれています。JL318便は羽田発、福岡行きJL317便の折り返しで、羽田空港を出発する際も就航セレモニーが行われました。

2020年には羽田~福岡線の半分以上に投入

Large 190901 fuk 02

拡大画像

出発前のJL318便(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 就航セレモニーに出席したJALの溝之上正充九州・山口地区支配人は、この特別塗装機について「非常に目立つ飛行機だと思うので、ぜひ空港で見つけてほしい」と話します。溝之上支配人によると、羽田~福岡線の年間利用者は各社合計872万人(2018年度)で、旅客数は「世界の航空路線のなかでも5本の指に入る」路線とのこと。「利用者が多く、ビジネスマンが多いこの路線は、航空会社の競争も激しいです。まずこの路線に投入されるのは自然だと思います」と話します。

【写真特集】新たな「福岡空港の顔」JALのA350-900!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント