初便に搭乗! JAL最新機エアバスA350-900の「快適」客室を揚げ餅と菓子パンの袋で検証

JALの新型機エアバスA350-900がデビュー。低騒音、そして「地上に近い(気圧が高い)」客室がウリという、この初便に搭乗しました。気圧の検証のために持ち込んだのは「揚げ餅」と「菓子パン」の袋です。

富士山5合目相当の気圧

 JAL(日本航空)が2019年9月1日(日)、羽田~福岡線に投入した新鋭機「エアバスA350-900型機」。その初便となる羽田発、福岡行きのJL317便に実際に搭乗しました。この機種は「低騒音」と「地上に近い(気圧が高い)」客室がウリといいます。

Large 190901 a35review 01

拡大画像

JALのA350-900型機の初便(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ジェット旅客機が飛ぶ高度9000~1万2000mの上空は気圧が低いため、機内は与圧されています。しかしそれでも客室内の気圧は地上より低く、JALによると標高2000~2500m(富士山の5合目程度)の山の高さに等しい状態といいます。この地上との気圧差が離着陸時における耳の痛みなど、体の不調をきたすこともあります。

「揚げ餅」と「菓子パン」で差圧を検証!

Large 190901 a35review 02

拡大画像

検証に使った揚げ餅と菓子パンの袋(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 気圧差を検証するため、記者がA350-900型機初便と同日・同路線の従来機種に搭乗。「揚げ餅」と「菓子パン」の袋を機内に持ち込みました。

 山で標高が高いほど密閉された袋が膨らむのと同じく、飛行機の客室気圧が低くなるほど、袋の膨らみは大きくなるはずです。ふたつの機種を比べた結果、袋の膨らみに差が生じました。

最初は、A350-900型機! 上空ではどう膨らむ?

Large 190901 a35review 03

拡大画像

A350-900型機水平飛行時の、揚げ餅と菓子パンの袋(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 まずA350-900型機で、水平飛行に入ったときに揚げ餅と菓子パンの袋を確認。揚げ餅の袋は膨らんでいるものの、シワが入っていてまだ空気が入る余裕があります。菓子パンの袋は、かなりいっぱいまで膨らんでいます。

【写真】これが新たなJALの姿!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190901 a35review 06
  • Thumbnail 190901 a35review 07
  • Thumbnail 190901 a35review 08
  • Thumbnail 190901 a35review 09
  • Thumbnail 190901 a35review 10
  • Thumbnail 190901 a35review 11
  • Thumbnail 190901 a35review 12
  • Thumbnail 190901 a35review 13
  • Thumbnail 190901 a35review 01
  • Thumbnail 190901 a35review 02
  • Thumbnail 190901 a35review 03
  • Thumbnail 190901 a35review 04
  • Thumbnail 190901 a35review 05

最新記事

コメント